I write about the future of mobility and evolution of transportation.

(c) Aurora

自動運転のシステム開発を手掛けるシリコンバレー企業「オーロラ」が、大手トラックメーカーの「パッカー(Paccar)」と提携し、大型トラックが自動運転で高速道路を安全に走行するための技術を開発し、商品化を進めようとしている。

自動運転分野ではここ最近、乗用車よりも物流分野でのテクノロジーの活用に注目が集まっており、オーロラ以外にも複数のテクノロジー企業が、ロジスティクス市場に参入を開始している。

今回の契約はグローバルなもので、両社は当初、オーロラのソフトウェアやセンサー、コンピューティングシステムのテストに重点を置くとオーロラは述べている。両社は数年以内に製品版を稼働させることを目指している。

オーロラは乗用車用の自動運転システムの開発も継続するが、「ロジスティクス分野には確かな需要があり、戦略的な優位性から、まずトラック輸送に注力していく」と述べている。

全米でトラック運送サービスの需要が高まる中で、人間の運転手は不足している。さらに、高速道路上の自動運転は、都市部に比べて技術的ハードルが低いことから、自動運転によるトラック運送はテクノロジー企業にとって魅力的だ。

オーロラは、アルファベット傘下のウェイモや新興企業のTuSimpleらに続き、この市場に乗り込んだ。ウェイモとダイムラーも昨年10月に戦略的提携を結び、Freightlinerトラックの自動運転化を進めようとしている。一方で、サンディエゴを拠点とするTuSimpleもナビスター(Navistar)やフォルクスワーゲンのTratonグループが所有する大型トラックブランドと提携している。

オーロラは昨年12月にウーバーの自動運転テクノロジー部門「アドバンスト・テクノロジーズ・グループ(ATG)」を株式交換によって買収すると発表したが、今回のニュースはそれ以降で初めての大きな動きとなった。ウーバーは、この取り引きでオーロラに4億ドルを投資しており、オーロラの累計調達額は10億ドル(約1038億円)以上に膨らんでいる。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ