Close RECOMMEND

.

Yuriko Nakao/Getty Images

時価総額でビットコインに次いで世界2位の仮想通貨プラットフォームであるイーサリアムの価格は、ライバルのビットコインが大幅な下落から立ち直ろうとしている中で、1月19日火曜日に最高値を更新した。

19日午後4時30分(米東部時間)時点で、イーサリアムの通貨であるイーサの価格は過去24時間で約14%の急騰となり約1400ドルをつけた。CoinMarketCapのデータによると、イーサの価格はこの数時間前に、2018年1月に記録した史上最高値の約1433ドルを突破しており、時価総額は24時間で200億ドルも上昇し、現在は約1600億ドル(約16.6兆円)となっている。

この1週間でイーサの価格は28%以上も急騰したが、ビットコインの価格は先日の急落後にわずか5%ほど反発したのみで、ピーク時と比べると10%オフとなっている。

イーサの急騰は、DeFiと呼ばれるブロックチェーン上の分散型金融(Decentralized Finance)市場の、爆発的成長によって引き起こされたとMyEtherWallet のCOOのブライアン・ノートンは述べている。DeFiの預かり資産(TVL:total value locked)は今年2月時点で約10億ドルだったが、現在はその約20倍の205億ドル(約2.1兆円)に膨らんでいるという。

ノートンはさらに、「イーサリアムの開発者数はビットコインの5倍以上に達しており、連日、開発者が増え続けている」と付け加え、開発者のアクティビティの増加がネイティブ・トークンの需要に拍車をかけていると指摘した。

Oandaのアナリストのエドワード・モヤは19日、「ビットコインの価格は本日上昇したが、そのパフォーマンスはイーサやライトコインなどのライバルを完全に下回っている。しかし、規制当局からの警告の高まりにも関わらず、進行中のインフレ圧力が、広範囲なクリプト市場を上昇させ続けている」と述べた。

ジョー・バイデン次期大統領が財務長官に指名したジャネット・イエレンは19日の指名承認公聴会で、仮想通貨が「ハイテク・テロリストに利用されることを特別に懸念している」と述べ、この分野の規制強化を呼びかけた。

ここ最近の仮想通貨市場の大規模な上昇の背景には、インフレ懸念と機関投資家たちの参入があるとされていたが、11日に急落が起こった。英紙タイムズの日曜版が、HSBCを含む英国の大手銀行が、仮想通貨のウォレットからの送金を禁止すると報じたのを受けて、仮想通貨の時価総額は、ピーク時の1.1兆ドルから9000億ドルに急落し、現在は1兆ドルをわずかに上回る水準となっている。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ