行動者発のプレスリリースが流通するプラットフォーム

敷島製パン(Pasco)が、昨年12月にオンラインショップ限定で販売し、発売開始2日で完売した「Korogi Cafe(コオロギ カフェ)」シリーズの「コオロギのフィナンシェ」、「コオロギのバゲット」を1月18日(月)から数量限定で再販する。



Pascoは1920年(大正9年)創業以来、本業を通じて社会に貢献することを理念とし、未来の食糧不安に備え、持続的な食糧の安定供給を目指しSDGsの取り組みも進めている。

栄養価が高く地球にも優しい昆虫食に着目し、高崎経済大学発ベンチャー企業であるFUTURENAUT合同会社(群馬県高崎市/CEO櫻井蓮)の食用コオロギパウダーを使用した製品を研究・開発した。

これまでの食生活や、未来の食について考える良いきっかけになればと考え、安全、安心で美味しい「未来食」として販売する。

▽FUTURENAUTの食用クリケットパウダーについてはこちら


なぜ今、昆虫食?


2050年、世界の人口は97億人になり、現在の2倍の食糧生産が必要になると言われている。しかし、地球の資源は限られており、このままでは、早ければ2030年頃には世界的なたんぱく質不足が起こると予想される。

その状況を乗り越える方法として、国際連合食糧農業機関(FAO)が2013年の報告書で昆虫の食用利用の可能性について言及している。

食用に養殖される昆虫は、飼育に必要なエサや排出する温室効果ガスが食肉に比べて少ないとされており、地球に優しい次世代のたんぱく源として注目を集めている。中でもコオロギは、育てやすく味が良いことから、世界的にも人気が高まっている。


製品概要


食べ比べも楽しい!「コオロギのフィナンシェ」


ティータイムにぴったりの、やさしい甘さを感じられるフィナンシェ。
フィナンシェ1個あたりのコオロギの使用量は10匹、30匹の2段階。コオロギの味わいの違いが楽しめる。(匹数はFUTURENAUTの計算に基づき記載)[1箱:10匹入×3個、30匹入×3個の計6個入/2160円(税込・送料別)]

トーストしても美味しい!「コオロギのバゲット」


コオロギの風味を生かしたおいしさを追求したバゲット。
ライ麦やそば粉にも似た風味や、後味に少し苦味を感じる。噛むほどに旨味と香ばしさが楽しめ、軽くトーストすれば、美味しい風味がアップ。食べ方をいろいろ研究した結果、クラムチャウダーやレバーパテと一緒に食すのがおすすめだ。[1本入/540円(税込・送料別)]

※アレルギー物質について
本品で使用している食用コオロギパウダーは、えびやカニなどの甲殻類と類似した成分が含まれている。えびやカニのアレルギーをお持ちの方はお控えくださいとのことだ。

販売Pascoのオンラインショップ
注文受付開始:2021年1月18日(月)~(数量限定のため、なくなり次第終了)
製品発送日 :2月4日(木)~順次発送予定
問い合わせ先:Pascoお客さま相談室 TEL:0120-084-835【受付時間】9:00~17:00(日曜日除く)

「Korogi Cafe」シリーズについて




「Korogi Cafe」シリーズには、タイで生産されたヨーロッパイエコオロギのパウダーを使用している。

使用しているヨーロッパイエコオロギは、食品製造管理基準(*)の認証を受けた衛生的な食用コオロギ養殖場で、トウモロコシや大豆の配合飼料を用いて食用に養殖された品種だ。他のコオロギ品種に比べるとクセの少ないさっぱりした味が特徴。雑穀や炒ったナッツのような香りで、パンやお菓子に使うと、味に深みを出すことができる。

製品は、“未来食Labo”(「Korogi Cafe」シリーズ専用の施設)にて一つひとつ丁寧に手作りしている。

*食品製造管理基準
GMP(Good Manufacturing Practice):原材料の受け入れから製造、出荷まで全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるようにするための製造工程管理基準。
HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point):食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようとする衛生管理の手法。(厚生労働省より)


PR TIMESより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ