行動者発のプレスリリースが流通するプラットフォーム

BitStar が、自社で開発したインフルエンサーマーケティングの分析ツール「Influencer Power Ranking(IPR)」のデータに基づき、2020年に活躍した動画クリエイターや動画チャンネルのランキング総括を発表した。

今回発表するランキング結果は以下の通り。

【2020年総括】YouTubeチャンネル総再生数ランキング
【2020年総括】YouTube動画再生数ランキング
【2020年総括】新チャンネル登録者数ランキング
【2020年総括】急上昇入りチャンネルランキング
【2020年総括】タイアップ動画 再生数ランキング

1.【2020年総括】YouTubeチャンネル総再生数ランキング


2020年1月~12月の期間にYouTubeに投稿された動画において、同期間に多く再生されたチャンネルのランキング。

1位 8億8810万回 / Junya.じゅんや
2位 8億8249万回 / 東海オンエア
3位 6億9597万回 / Fischer’s-フィッシャーズ-
4位 5億0030万回 / ヒカル(Hikaru)
5位 4億8662万回 / THE FIRST TAKE
6位 4億7371万回 / Kota Mino Kids Channel / こたみのチャンネル
7位 4億5482万回 / HikakinGames
8位 4億4544万回 / HikakinTV
9位 3億9901万回 / まいぜんシスターズ
10位 3億9300万回 / はじめしゃちょー(hajime)
11位 3億8008万回 / Toy Kids★トイキッズ
12位 3億3778万回 / ジェルOfficial
13位 3億3745万回 / KUN
14位 3億3665万回 / モナ・リザの戯言
15位 3億3144万回 / (パーソル パ・リーグTV公式)PacificLeagueTV
16位 3億2121万回 / KahoSei Channel from Canada
17位 3億1517万回 / FNNプライムオンライン
18位 3億1302万回 / エミリンチャンネル
19位 3億0929万回 / ヒューマンバグ大学_闇の漫画
20位 3億0363万回 / 朝倉未来 Mikuru Asakura

※調査対象:日本国内のチャンネル登録者数1000人以上のYouTubeチャンネル
※対象期間:2020年1月~12月に投稿された動画
※細かな数字は切り捨てて表示

第1位『Junya.じゅんや』


TikTokのフォロワー数が日本一の『Junya.じゅんや』。チャンネル開設からわずか4ヶ月の短い期間で、2020年のチャンネル総再生数1位という快挙だ。動画の長さは10分未満が多く、TikTok動画をYouTubeにあげているケースが多いようで、動画の投稿本数も多く、12月だけで140本以上の動画をアップロードしている。チャンネル登録者数も400万を超え、2021年も注目度の高い1人だ。

第2位 『東海オンエア』


愛知県岡崎市出身の6人組YouTuberの『東海オンエア』。2020年には、初の冠番組『東海オンエア〜上京フェス2020〜』(日本テレビ)も放送された。メンバーの個人チャンネルも好調で、それぞれの合計登録者数は300万人を超えている。

第3位『Fischer’s-フィッシャーズ-』


6人組YouTuberの『Fischer’s-フィッシャーズ-』。2020年は、チャンネル総再生数(※これまでに投稿された全動画の総再生数)が100億回を突破。チャンネル登録者数は1年で約60万人も増加した。2020年12月からは『フィッシャーズ人生展』を全国6ヶ所で開催。撮影で使用した小道具や写真などを展示した。

PR TIMESより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ