Close RECOMMEND

挑戦する人と挑戦する企業をつなぐ、Forbes JAPAN 初の採用ブランディング


スタートアップCHROの台頭


スタートアップ企業におけるCHROの台頭によって、「人事が担っている役割が、企業成長においてとても重要である」という認識があらためて広まっていることも、人事の人気が加速している理由のひとつだ。

ただ、期待されているのは、人事部としての目標を達成して業務を滞りなく回すことではない。経営層の一人や代表取締役の参謀のような存在として、「経営目標を達成するための、人事戦略や具体策をどんどん進言してほしい」と思われているのだ。

CHROはもともと海外企業で生まれたポジション。海外進出を行う企業や外国人人材の採用が進む企業でも、積極的に登用する流れになるかもしれない。

新型コロナウイルス感染拡大により働き方改革が加速


2020年、新型コロナウイルス感染拡大により、図らずも働き方改革が進んだ。テレワークに移行したことで、マネジメント方法、評価指標、労働時間管理などが従来のものではうまく機能しなくなり、見直しを迫られている。

この状況を一過性のものとは思わず、新しい働き方を整備する機会だと捉えて、最適な制度や環境の整備に取り組まなければならない。前例の無い改革を主導できる人事を、どの企業も必要としている。

まとめ


企業の規模や成長ステージによって、一人の人事が担う業務内容や期待される役割は異なる。だからこそ、自身のキャリアプランを描いた上で、必要なスキルを獲得できる企業で人事経験を積むことが望ましい。

以前から人気職種だった人事は、時代の変化に合わせて業務範囲が広がっている。さらに、今まで以上に「経営と切り離せないポジション」という認識が生まれ、大きな期待を寄せられている。

どこで働くにしても、経営視点と世の中の流れを踏まえて自社の環境整備に反映させられる能力は、以前より求められることになるだろう。


「Forbes CAREER BLOG」では、企業ブランディングや採用活動に役立つ情報を配信しています。

全ての記事を読む>>

文=倉本祐美加

PICK UP

あなたにおすすめ