Close RECOMMEND

挑戦する人と挑戦する企業をつなぐ、Forbes JAPAN 初の採用ブランディング


広報(採用広報)への異動・転職


採用難の時代であり、かつ採用候補者が条件だけでなく価値観やカルチャーの合う企業を探す時代になった。そのため、就職先や転職先として認知・検討してもらうために企業の情報発信を行う「採用広報」の役割が近年は重要視されている。

求人情報だけでなく、オウンドメディアやSNSで会社の魅力や文化、社員の姿を紹介する企業が増えている様子からも明らかだ。

採用広報を効果的に行えている企業は、就職先・転職先として人気になり、ミスマッチも少ない。採用業務の経験もあり、社内のことをよく把握している人なら、コンテンツ作りもスムーズに進められるため、広報として社内の採用成功に貢献する道もある。

研修/採用/人事コンサルティング企業への転職


研修や採用、人事業務全般のコンサルティングなど、HR領域には多様なプレイヤーがいる。そうした企業に転職して、クライアントを支援するキャリアも選べる。

過去の成功・失敗経験をもとに、元人事担当者だからこそ親身になってアドバイスできることもあるため、クライアントからの信頼も得られやすいだろう。

フリーランス人事


研修や採用を支援する立場や、人事コンサルティングを行う立場として、独立する人事も増えてきている。

「人事のプロフェッショナルから知見を得たい」「企業内人事のパートナーやアドバイス役として、深く入り込んでサポートしてほしい」といった企業側のニーズが高まっているからだ。

柔軟性のあるフリーランス人事を魅力的に思う経営者や人事は多くいる。

人事が人気職種なワケ


もともと人事は、採用市場で人気のポジションだった。最近は、その人気がさらに増している。その理由を見ていこうう。

どの業界・どの企業にも人事は絶対に必要


当たり前だが、人事を必要としない業界や企業など無い。どの企業も採用活動を行うため、「採用難の時代に、どうやって人材を獲得するか」は共通の課題である。

たとえ採用にそれほど困っていなくても、育成や制度設計など、社内のヒトに関する領域で悩んでいない企業は無いだろう。業界や規模にかかわらず、さまざまな企業が優秀な人事を求めている。

企業のブランディングや採用活動に役立つ情報を配信中

文=倉本祐美加

PICK UP

あなたにおすすめ