Close RECOMMEND

for Startups,Inc.運営のSTARTUP DB編集部による連載

国内の成長産業及びスタートアップに関する幅広い情報を集約・整理し、検索可能にした情報プラットフォーム「STARTUP DB」では毎週、資金調達のサマリーを発表している。この記事では、1月2週目の“注目のトピック“として選ばれた5件の資金調達について紹介する。

メトセラ


調達額:8億9000万円
調達先:東京大学エッジキャピタルパートナーズ / MAKOTOキャピタル / アルフレッサ / ケイエスピー / 第一生命保険
備考:シリーズB-2ラウンド

線維芽細胞を用いた心臓疾患の治療方法の研究・開発を手掛けるスタートアップ。

慶應義塾大学で再生医療研究のチームを率いた岩宮貴紘氏と外資系証券出身の野上健一氏が2016年3月に設立した。

同社は機能的な心組織の作製や、心不全の治療に特に適した効果を持つ細胞「線維芽細胞群(VCF)」を活用し、患者本人の細胞を用いた新しい再生医療製品などの提供を目指している。

心不全は根本的な治療法が存在しない一方で、高齢化を背景に患者数は増え続けており、新たな治療法の開発が急ピッチで進んでいる。

同社は、2019年6月24日に経済産業省発表のJ-Startupに選定された。

2021年1月には東京大学エッジキャピタルパートナーズをリードインベスターとした第三者割当増資を実施。

今回の調達によってグローバル展開も視野に、製造プロセスの効率化、後続パイプラインの創出、およびアカデミアや企業との戦略的連携を推進する方針だ。

ジェイファーマ


調達額:5億円
調達先:Eight Roads Ventures / F-Prime Capital Partners
備考:シリーズD

細胞膜に存在するタンパク質で細胞内外への物質輸送を担うトランスポーターを標的とした創薬を手がける企業。

トランスポーターはその分子実態が明らかになる前から薬物研究対象として注目されていたが、個々の分子について構造や機能が解明されるに伴い創薬ターゲットとしての重要性が再認識されている。

それに伴って同社では、トランスポーターを標的とした創薬研究以外にも、近年は特にLタイプ・アミノ酸トランスポーター(LAT1)を標的とした医薬品開発も進めている。

LAT1は特にがん細胞に特異的に発現するものであるため、同社が行うLAT1に着目した抗がん剤開発には有用性が期待されている。

2021年1月には、Eight Roads VenturesとF-Prime Capital Partnersを引受先とする約5億円の資金調達を実施した。今後は治療実験中の新薬の臨床開発を進めるとともに、グローバル展開も加速させる方針。

文=STARTUP DB

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ