Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版


私たちは、日々、さまざまな状況に出合います。いいこともあれば、悪いこともある。気分が晴れ晴れとすることもあれば、腹に据えかねることもあるでしょう。いずれにしても、それにとらわれたら心が大きく乱れます。

「あんな言い方しやがって! あの野郎、このままにしちゃおかないぞ!」心に吹き込んできた“怒りの風”に反発し、抗(あらが)おうとしている姿です。とらわれている。これでは頭がそのことでいっぱいになって、心は乱れたまま硬直化してしまいます。

null
Getty Images

もちろん、喜怒哀楽という感情は、人間らしさそのものですから、湧き上がってくるのにまかせておけばいいのですが、それをなんとかしようとするから、跳ね返してやろうと考えるから、いつまでもそこから離れられなくなるのです。

大地に打ち込まれた杭は、固定化され動くことはありません。どんなに強風が吹いても、その場で風に抗するしかありません。しかし、風が更に強まっていけば、いつかはポキリと折れてしまうかもしれません。

一方、竹は風の強さに合わせてしなやかに撓(たわ)み、どんな強風の中でも決して折れることはありません。そして、風がやめば、スッとまっすぐに伸びた本来の姿に戻ります。風が吹くにまかせ、やむにまかせているのです。

そのときどきの思いや感情に「動かされない」でいようとする必要はありません。浮かぶに任せ、消えるに任せ、です。

それがとらわれない姿。そこに気がついたら、「力み」がなくなり、「いま」に集中し、心はずっとやわらかく、しなやかになります。

さあ、「無心」にグッと近づいていきましょう。

PICK UP

あなたにおすすめ