Close RECOMMEND

行動者発のプレスリリースが流通するプラットフォーム

アスクが日本総代理店を務めるZero Density社のリアルタイム VFX システム「Reality(リアリティ)」が、2020年10月にパリで開催されたルイ・ヴィトンのファッションショーに使用された。Zero Density社が開発した業界最高レベルのVR(仮想現実)技術、ハイクオリティな映像表現が、新しい形のショー・イベントを演出した。

【動画】ファッションショーの映像はこちら

ルイ・ヴィトンのクリエイティブ・ディレクターであるニコラ・ジェスキエールは、会場にいる少数の観客と大勢のオンライン視聴者を前に、最先端のバーチャル技術を取り入れた映像的にも素晴らしいファッションショーを開催した。

ジェスキエールは、ルイ・ヴィトンの最新コレクションを発表する舞台に、パリの老舗百貨店サマリテーヌの最上階を選んだ。アールデコ建築とアールヌーボーのフレスコ画が美しい歴史的建造物の中には、ランウェイの背景となるクロマキー合成用のグリーンバックが設置された。グリーンバックにはRealityでバーチャル演出用の映像をリアルタイムに合成し、オンラインで配信した。歴史的建造物とクロマキー合成の融合は、Realityを駆使した VR/AR体験をさらに特別なものにした。

撮影にはロボティックカメラ、リモートヘッド、レール/ケーブルカメラと組み合わせた10台の合成用マシン(Reality Engine)が使用された。天井からの俯瞰やランウェイ定番のショットなど、様々なカメラアングルから最新コレクションを身に纏ったファッションモデルと共に、デザイナーの世界観を表現する映像がリアルタイムに合成される、これまでにないショー演出となった。

「Reality」は、Unreal® Engineを駆使したリアルタイムノードベース合成ソフトウェアで、最新のリアルタイム VFX/合成セット、ビデオ I/O、キーイング、レンダリングを単一のソフトウェアで実現する。ライブイベントや動画配信、TV番組など様々な映像演出に使用でき、没入感のあるコンテンツ制作を熱望する制作者にとって革命的なツールだ。

今回のファッションショーでは、Zero Density社のパートナーであるAD-TV社(本社:フランス)がRealityの技術的な統括を担当した。

Zero Density社について


Zero Density社は、ブロードキャスト、AR(拡張現実)、ライブイベント、eスポーツ、映画業界向けのクリエイティブな製品を開発している国際的なテクノロジー企業。Reality Engineは同社の開発したリアルタイムのノードベース合成ソフトウェアで、ポストプロダクションスタイルのVFX処理を、ライブビデオプロダクション分野でも可能にする。そのフォトリアリスティックな映像表現は、世界各地で様々な実績を上げている。

ウェブサイトはこちら
ウェブサイト [日本語] はこちら

当資料は、現地時間 2020年12月14日にメーカー発表されたニュースリリースの抄訳版です。

株式会社アスク 概要


アスクは、目的に応じたソリューションとサービスを提供する総合商社。主に米国、ヨーロッパ、台湾、韓国などの最先端かつユニークな製品を紹介・提供。取り扱い製品はコンピュータ周辺機器、携帯電話周辺機器、サーバ・ストレージ関連機器、業務用映像機器と多岐にわたり、Advanced Micro Devices, Inc.(AMD), AJA Video Systems, ASUSTeK Computer, ASRock, ATTO Technology, AVerMedia, CORSAIR, Cooler Master, Crucial, ELSA JAPAN, HTC VIVE, Micro-Star International(MSI), Micron, NVIDIA, NewTek, Synology, SAPPHIRE TECHNOLOGY, Supermicro, Tripp Lite(旧Keyspan), Thermaltake, ZOTAC Technology Limitedなど多数の海外メーカーの代理店をしている。

PR TIMESより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ