Close RECOMMEND

Photo by Eliabe Costa on Unsplash

あなたは約束を守る人だろうか? 約束を守る人として信頼してもらえる人だろうか? あなたの顧客や同僚、パートナーはあなたを頼れる存在として信頼しているだろうか?

私たちはビジネスで他者のニーズを自分のものより優先し、誠実さと信頼性を示すことに一生懸命取り組むものだ。人に仕えるリーダーとして、私たちは部下や上司、顧客を優先する。約束を守らなかった人にがっかりさせられたことがある人なら言えることだが、誰もが有言実行を貫くわけではない。

しかし、信頼できる人として他者との間に評判を築いた人でさえ、最も重要な約束を破ってしまうかもしれない。それは、自分自身に対する約束だ。

他者のニーズや要望の中に自分を見失うと、自分自身への約束を守りづらくなる。そうなれば志はとっくの昔に忘れ、夢は軽視され、目標は崩壊してしまうだろう。

ここでは、自分自身に対する約束を守る6つの方法を紹介する。

1. それが自分が本当に求めているものかを確認する

自分自身への約束を守るためには、それが自分にとって今でも価値や意義を持つことを確認しなければならない。自分にとって何が一番大事かを明らかにしておくことが良い開始点だ。5年前(あるいは昨年)と今の目標が違っていても大丈夫だ。しかし、心からなかなか消えず、認めてもらうことを待っているような夢がある場合は、それに注意を払う価値がある。

2. なぜ約束を守れなかったのかを自問し、正直に答える

行動を取れなかった自分の無力さを外部の力のせいにするのは簡単だが、前進を阻むものは内部的なものだ。失敗や成功、あるいは他の人に何と言われたり思われたりするかについて恐怖を持ったり、自分にはこれほど大きな目標を持つ価値がないと考えていれば、自分自身への約束を守れなくなってしまいかねない。

なぜ成り行きに任せてしまったのかを正直に考え、自分の恐怖心を認めるとき、こうした要因を抑えて成功の障壁を取り除くことができる。

3. 自分への約束を優先し、そのための時間を確保する

簡単に聞こえるが、繰り返し述べる価値があることだ。自分自身への約束を守りたい場合は、そのための時間を作らなければならない。毎日目標に向かって取り組む時間を優先し、わずか15分でもそのために譲れない時間を捻出すること。約束を何よりも優先するため、この時間はカレンダーに予定として入れ、守り抜くこと。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ