Close RECOMMEND

行動者発のプレスリリースが流通するプラットフォーム

講談社「別冊少年マガジン」に連載中の人気漫画『進撃の巨人』のコミックス33巻が1月8日に発売されるが、その次の34巻をもって、2009年9月から11年半にわたる連載が完結となる。

4月9日発売の「別冊少年マガジン5月号」に最終話が掲載、6月9日にコミックス最終巻が発売される。

完結に向けて、作者・諫山創さんのコメントが発表され、週刊少年マガジン編集部では作品を最後まで読者と楽しめるよう、様々なプロジェクトを準備中だ。



作者・諫山創さんよりコメント


あと3年で終わると8年前から言ってましたが、ようやく終えることができそうです。

大変長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

決して編集部に引き伸ばされたわけでもなく、むしろ「いつ終わるのか」と急かされ続けての晩年でした。すいません、ようやく終わります。

今まで読んできてよかったと思っていただけるように、最終回に向けて頑張ります。



最終巻ひとつ手前の『進撃の巨人』33巻は1月8日発売。翌1月9日発売の「別冊少年マガジン2月号」は進撃の巨人が表紙で、33巻の続きが2話分掲載される。『進撃の巨人』オリジナル缶バッジも雑誌付録として付いている。



「進撃の巨人」とは


著者・諫山 創(いさやま はじめ)。壁に囲まれた世界で暮らす少年エレン・イェーガーが自由な世界に憧れ、壁外の巨人達との戦いに挑むダークファンタジー。別冊少年マガジン創刊号(2009年10月号)より連載中。2021年1月5日現在、単行本は32巻まで発売され、発行部数は世界累計1億部を突破。

PR TIMESより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ