I write about the 1% who sit on top of the world.


Forbesは2020年夏、ノーテルが1億ドル以上の資金調達を試みたことを報じたが、どうやら調達は失敗に終わったようだ。同社は少しでも成長を維持するべく、ウェビナーなどのオンラインイベントを活用している。さらにこの夏には、ウィーワークの最初期からの社員だったリサ・スカイ・ヘイン(Lisa Skye Hain)が共同で立ち上げたコワーキングスタートアップのプライマリーが、連邦破産法第11章(日本の民事再生法に相当)の適用申請を行った。

「典型的な(フレキシブル・ワークスペース)企業は、おそらく売り上げの25~50%を失っている」と、インダストリアスのジェイミー・ホダリCEOは述べる。インダストリアスは、不動産のリースではなく管理というビジネスモデルを採用するコワーキング企業であるため、競合他社に比べると、ダメージははるかに軽かった。「これだけの収益減に耐えられるかどうかという、単純な計算だ」

生き残った企業は、明るい未来への期待にすがっている。CBREによれば、オフィススペース需要は2020年に45%下落したが、2021年には回復が見込まれている。

「これは不動産業界に特有の危機だ」と、ノーテルのアモル・サルバCEOは、2020年夏にForbesが行ったインタビューで語っている。「例えばグーグルで、会議の参加者たちが、インターネットがなくなったらどうするかを議題にした日はこれまでまったく無かったはずだ」

翻訳=的場知之/ガリレオ

PICK UP

あなたにおすすめ