Close RECOMMEND

行動者発のプレスリリースが流通するプラットフォーム

知財図鑑は「世界を進化させる知財」を多くの新規事業担当者に広めることを目的として、優れたテクノロジーやサービスを称える「知財番付2020」を12月16日に発表した。

独自の評価指標を設定し、2020年に知財図鑑に掲載された知財の中から「特に世界を進化させる可能性を持つ」と評価されたものが東西それぞれから5点ずつ、合計10点選出された。

「知財番付2020」受賞結果


<東>


横綱:「avatarin」avatarin株式会社
“瞬間移動”を可能にする次世代の社会インフラ

大関:「Empath」株式会社Empath
音声から気分・感情を判定するAI

関脇:「ファインファイバー技術」花王株式会社
化粧の常識を塗り替える、一本の糸で紡がれた「人工皮膚」形成技術

小結:「リズミル」株式会社シーエーシー
映像から脈波を測る技術で体調管理を手軽に

前頭:「LIMEX」株式会社TBM
石から生まれた、紙やプラスチックに代わる新素材

<西>


横綱:「Tellus」経済産業省、さくらインターネット株式会社
未来を明るくする、衛星データプラットフォーム

大関:「Ultra-fine Stainless Steel Wire Mesh」アサダメッシュ株式会社
ウェディングドレスにも使える、世界一細いステンレス繊維の織物

関脇:「物品位置検出」パナソニック株式会社
モノのGPS化技術

小結:「エアジェスチャ」京セラ株式会社
直接触れずにデバイスを操作する技術

前頭:「Josyu」株式会社サカワ
授業中の声を保存・活用するAI

初開催となった「知財番付」において、「avatarin」と「Tellus」が東西の横綱となった。

移動の制約を取り払って次世代の社会インフラを目指す「avatarin」は、展開性・ニューノーマル・クリエイティブ指標が、官民の枠を越えた衛星データのオープンプラットフォーム「Tellus」は、専門性・応用性・アクセシビリティ指標において高く評価され、今年知財図鑑に掲載された220点あまりの知財の中から「最も期待される知財」となった。

公式ページには各知財への一言コメントもあわせてご紹介している。

【評価指標】


知財図鑑編集部内で、下記6つの指標にて5段階評価を行い、合計30点満点で集計した。東西については本社所在地により区分けしている。

展開性:様々な産業へ応用可能性の高さ
専門性:特定の産業における課題解決力の高さ
応用性:カスタマイズのしやすさ、他の技術との組み合わせやすさ
アクセシビリティ:排他的ではなく、多くのプレイヤーが使用できる状態にあるか
ニューノーマル:新時代様式への貢献度の高さ
クリエイティビティ:新しい表現を拡張する可能性の高さ

<知財図鑑とは>
世界を進化させる可能性のある「すごい知財」に出会えるデータベース。網羅性を重視した一般的な図鑑とは違い、新規事業への活用案をクリエイターが提案することを特徴としており、特許技術だけでなく、プロダクトやサービスから実用的なAPIまで、広義の「知的財産」を対象に編集を進めている。

<株式会社知財図鑑について>
事業領域:
- 世界の進化に寄与する知財の発信
- 知財の活用企画コンサルティング
- 知財を活用したプロダクト開発・サービス開発
- 事業と知財のマッチング・斡旋
- テクノロジーに関するイベントの取材・企画・運営
住所:東京都中央区日本橋横山町6-14 日本橋地下実験場
共同代表者:出村光世 / 荒井亮
設立:2020年1月
資本金:300万円
親会社:株式会社コネル

PR TIMESより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ