閉じる

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版




都会の喧噪とは無縁の場所だからこそ、味わえる楽しみがある。
海と川。自然を感じるアクティビティはより充実した時間を約束してくれるはずだ。
アクティブな夏の別荘レジャーを過ごすためのウェアとグッズをご紹介。

家族や気の知れた仲間と楽しむクルージングは週末に訪れる至福のとき。そんな特別な時間だからこそ、思いきり上質なモノに囲まれたい。




まずはスイムショーツ。英国ブランドらしいトラディショナルなデザインが特徴の〈オールバー ブラウン〉のそれは、洗練された佇まいが魅力。映画『007 スカイフォール』であのジェームズ・ボンドも着用していたという名品だ。そして海といえばマリンボーダー。今季は上質なコットン素材を使用した〈サンローラン〉のボートネックシャツが筆頭だろう。〈トム フォード〉のティアドロップ、足下にはカジュアルなストラップデザインをモダンに昇華した〈ジョルジオ アルマーニ〉のサンダルでトータルコーディネイト。地平線を望みながらワインを傾ける週末こそ、最上のラグジュアリーがよく似合う。

01_ボーダーシャツ¥60,000〈SAINT LAURENT/イヴ・サンローラン ☎0570-01-6655〉
02_ ワインクーラー¥34,000〈TINA FREY DESIGNS/リビング モティーフ☎03-3587-2784〉
03_サングラス¥47,000〈TOM FORD/トム フォード アイウェア ☎03-6804-3652〉
04_ スイムショーツ¥28,000、ビーチタオル¥11,000〈ともにORLEBAR BROWN/ヴァルカナイズ ロンドン ☎03-5464-5255〉
05_ ストラップサンダル¥83,000〈GIORGIO ARMANI/ジョルジオ アルマーニ ジャパン☎03-6247-7070〉




スマートでチャーミング。そのどちらももち合わせてこそ紳士といえる。それはもちろん、サーフシーンにおいても。例えばウェットスーツ。今季は〈ジュリアン デイヴィッド×クイックシルバー〉のタイドアップスタイルで装うのもいい。時計は〈ニクソン〉がプロサーファーと開発した「THE COMP」。海中での操作性に優れたデザインに納得するはずだ。そしてビーチでのひとときには肌触りのいいウェアが欠かせない。
〈ジ エルダー ステイツマン〉のプルオーバーはカシミア100%で驚くほどの着心地を味わえる。
防水機能に優れた〈ポーター タクティカル〉のトートバッグも海辺で重宝するアイテムのひとつだ。しかし、ファッショナブルなサーフスタイルもボードだけは別の話。初心者なら、日本の海を知り尽くした〈ジャスティス サーフボード〉から。

01_ ウェットスーツ¥199,000〈JULIEN DAVID×QUIKSILVER/エドストローム オフィス☎03-6427-5901〉
02_ サーフウォッチ¥12,000〈NIXON/ニクソン ☎03-6415-6753〉
03_トートバッグ¥23,000〈PORTER TACTICAL/

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい