デジタル・トレンド・ハンズオン

アップルが初の高級ヘッドホン「AirPods Max」を発売する

アップルがアクティブ・ノイズキャンセリング機能を搭載するワイヤレスヘッドホン「AirPods Max」を12月18日に発売する。発表直後からアップル初の多機能ヘッドホンに方々から期待が寄せられる中、6万1800円(税別)というプレミアムな価格に驚いたという声も聞こえてくる。

AirPods Maxはなぜ高価なのか。アップル独自の最先端技術が実現するヘッドホンリスニング体験の魅力とともに解説してみたい。


AirPods Maxが高価なヘッドホンである理由は、ほかのヘッドホンでは代えが効かない「AirPods Max独自の体験」があるからだ。筆者が注目したいポイントは大きくふたつある。

アップルのコンピュータ技術を投入した“スマートヘッドホン”


ひとつはAirPods Maxが音の聴こえ方のバランスや、周辺環境のノイズを除去しながら静かに音楽リスニングを楽しむためのノイズキャンセリング機能の効果など、ユーザーが最も心地よく感じられるレベルに常時自動的にベストなコンディションに調整してくれる「コンピュテーショナルオーディオ体験」を実現したヘッドホンであるところだ。

AirPods Maxの本体には、アップルがワイヤレスオーディオ製品のため独自に設計・開発したシステムICチップの「Apple H1」が2基搭載されている。

これは最新のMacに搭載されて話題を呼ぶアップル独自設計のチップ「M1」や、iPhone/iPadに搭載され世代を重ねて進化してきた「A14 Bionic」のような、高度な演算処理やワイヤレス通信の制御を引き受ける「SiP(System in Package)」と呼ばれるシステム化された高度なICチップだ。

null
左右のイヤーカップの中に1基ずつ「Apple H1」チップを搭載。音の心臓部であるドライバーもアップルが独自に設計している

H1チップには毎秒90億回の高速演算処理がこなせる10個のオーディオコアが内蔵されている。AirPods Maxが本体に内蔵する合計8基のマイクにより集めた環境音を、再生中の音楽情報とミックスしながらリアルタイムに解析を行い、リスニングの妨げになるノイズだけを消すアクティブ・ノイズキャンセリングの処理にもH1チップが深く関わっている。

実機で確認したところ、AirPods Maxのノイズキャンセリング機能は他のヘッドホンに比べてもその効果がかなり「しっかりと効く」印象を受けた。屋外を歩きながら試してみたところ、自動車のロードノイズやモーターの音、ざわめく人の声などがバランスよくきれいに消えて、リスニングに深く集中できた。

ユーザーがノイズキャンセリング機能の効果のレベルを手動で調整しなくても、H1チップと最先端のソフトウェア処理によって常時常にバランスを環境に合わせて最適化してくれる。

null
ノイズキャンセリングのオン・オフと、外の音を積極的に取り込む「外部音取り込み機能」の切り替えは本体のボタン、またはiPhoneのコントロールセンターなどから操作できる

文・写真=山本 敦

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ