ヘンリー王子とメーガン妃(Photo by Chris Jackson/Getty Images)

英国のヘンリー王子とメーガン妃が、スポティファイと複数年契約を結び、ポッドキャスト番組を制作することが明らかになった。スポティファイは12月15日、2人が設立したオーディオ制作会社アーチウェル・オーディオ・プロダクションカンパニーと、独占契約を締結したとアナウンスした。

ヘンリー王子とメーガン妃が制作とホストを担当する番組の、最初のフルシリーズは2021年から配信されるという。

スポティファイのコンテンツ及び広告部門の責任者のDawn Ostroffは「2人は今後、社会から冷遇されている人々の声を世界に届けていくことになる」と述べた。

2人は今年1月に英国王室の幹部としての役割から身を引いて以来、人種差別や警察の暴力、政治について活発に発言してきた。2人がホストを務める番組の第1回目はホリデースペシャルとして、年内に公開される予定という。

契約にあたっての金銭的な条件は明らかにされていない。

「ポッドキャスト番組は、視聴者が時間を割いてその内容に耳を傾け、お互いにつながることの素晴らしさを認識させてくれる」と、2人は声明で述べた。「様々な課題に満ちた2020年を迎えるにあたり、今はとても重要なタイミングだと考えている。お互いのストーリーを伝え合うことで、私たちはつながっていける」

ヘンリー王子とメーガン妃は今年9月にネットフリックスと独占契約を結び、オリジナルコンテンツを製作すると発表していた。

スポティファイはこれまで、バラク・オバマ元大統領やミシェル・オバマ元ファーストレディ、キム・カーダシアン・ウェスト、ジョー・ローガンなどの著名人と独占契約を結び、ポッドキャストのラインナップを拡大している。

スポティファイの月間アクティブユーザー数は現在、3億2000万人とされている。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ