サンフランシスコ直送の最新情報「Freshtrax」

デザインという言葉を聞いてどのような事柄を思い浮かべるであろうか?ファッション?建築?グラフィック?そう、どの分野でも最近はデザインの重要性が語られている。その一方で、この言葉が示す定義が人や業界、状況によって大きくこと異なることも増えてきている。

特に最近ではデジタルメディアや複数のデバイスで異なる“カタチ”のデザインが出現。そしてデザイン思考などの概念的な意味でデザインという言葉を使うシーンも増えてきてる。

多種多様になったデザイナー職


これはすでに、一つの単語で表現するには限界があるほどのレベルになってきているのではないだろうか?それもそのはずで、デザインに関連する職業名“〇〇デザイナー”を見ても、下記の様に軽く十種類以上もある。

* グラフィックデザイナー
* Webデザイナー
* UIデザイナー
* UXデザイナー
* ヴィジュアルデザイナー
* コミュニケーションデザイナー
* ロゴデザイナー
* プロダクションデザイナー
* パッケージデザイナー
* ファッションデザイナー
* モーショングラフィックデザイナー
* インテリアデザイナー

これに加え、アートディレクターやイラストレーター、そしてチーフ・クリエイティブ・オフィサーなど、ありとあらゆる仕事に“デザイン的”要素が散りばめられている。ちなみに、本来はイラストレーターはむしろアーティスト寄りの仕事であり、厳密にいうところのデザイナー職ではないのであるが、日本ではデザイナーの一人に数えられたりもしている。

デザイナーの写真
photo by shutterstock.com

経営にもデザインを活用する時代


そして最近では経営者にもデザイン的な考え方が求められ、デザイン思考やサービスデザインといった非デザイナー向け、デザインスキルというものまで存在する。ここまで来るとすでに“デザイン”という言葉の表す概念と、適用される領域が多種多様になりすぎて、“デザイン”の意味が広すぎて非常にややこしくなってしまっている。そして、“デザインできます”の意味もちゃんと詳しく聞いてみないと特定しにくい。既存のデザイナーからしてみると、“それ、デザイナーじゃないよ”と言われる様な内容でも、ちゃんとデザインとして成り立つ時代になっているのだ。

design, Design, DESIGNの違いとは?


そんなどんどん広がるデザインという言葉の概念をなんとか識別するために、英語での表記方法を変えて表現するケースが増えている。カバーする領域とユーザー数、そしてそのインパクトのスケールに合わせて、design, Design, DESIGNとなる。では、それぞれの表記方法の意味合いと、その場合のデザイナーの仕事内容を見てみよう。

文=Brandon K. Hill(CEO of btrax inc.)

PICK UP

あなたにおすすめ