Close RECOMMEND

行動者発のプレスリリースが流通するプラットフォーム

(c) Louis Vuitton Malletier

ル​イ・ヴィトンは、メゾンのインハウス・マスター・パフューマー、ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードと共に、フレグランスにおけるメイド·トゥ·オーダー サービス「オート パフューマリー」を開始する。

グラースで創造される唯一無二のクリエーション


すべてのはじまりは、香水や皮革製品の産業が古くから栄えた南仏グラースに佇む、ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードのクリエイティブ アトリエ「レ・フォンテーヌ・パルフュメ」。 ──2012年以来、メゾンのために至高のフレグランスが調香されてきた場所だ。そして今、ジャックは、1854年の創業からルイ・ヴィトンのDNAに深く根差してきたスペシャルオーダーの伝統に倣い、顧客の要望に応じてパーソナライズした唯一無二のフレグランスを生み出すために、メイド·トゥ·オーダー サービスのアトリエを開設する。



「私のクリエイティブ アトリエで作られる唯一無二のフレグランスをお客様に纏っていただければと考えた。私にとって、このメイド・トゥ・オーダー サービス『オート パフューマリー』は、メゾンの本質を象徴する。なぜなら、究極のパーソナライゼーションは、常にルイ・ヴィトンの中心にあるからです」とジャックは語る。

この特別な機会は、顧客の香りのポートレートを作成することが目的だ。ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードは、顧客の嗜好から、想い出、ライフスタイル、香りの習慣にいたるまで、あらゆるカウンセリングを行い、この特別なコンサルテーションの後、ジャックはグラースにある自身のアトリエ「レ・フォンテーヌ・パルフュメ」で調香をはじめ、数種類の配合を考案する。

そのために、世界の隅々にまで赴いて手に入れた最高級の原料を厳選し、顧客のパーソナリティに最もマッチした香りの変化を生み出す。その後、微細なディテールにいたるまで香りのニュアンスを洗練させ、まさしくオーダーメイドの調合を完成させる。


PR TIMESより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ