I've always been passionate about travel.

東京のパノラマビューを一望するダイニング『ヴェルテュ』

海外旅行もままならないこのご時勢に、日本ではゴージャスなホテルが続々オープンしている。また旅行ができるようになったとき、この“日出ずる国”への旅をさらに魅力的なものにしてくれるに違いない8つの最新ホテルを紹介しよう。

1. 東京エディション虎ノ門


null
東京エディション虎ノ門の、地上140メートルの空中庭園

最高級ブランド<EDITION>を東京の銀座と虎ノ門で開業すると発表していたマリオット・インターナショナルは、まず10月20日に「東京エディション虎ノ門」をオープンさせた。206室のこのホテルは、オリンピックのために新設された新国立競技場を手掛けた隈研吾と<EDITION>のプロデューサーを務めるイアン・シュレーガー、そして森トラストのコラボレーションで誕生した。

全体的なデザインは、日本の伝統文化と“これまでにないホテルの創造”という<EDITION>のコンセプトを融合させたものになっている。

たとえば2階まで吹き抜けのロビーと、ミシュランの星付きシェフ、トム・エイキンズの料理が楽しめる屋外テラス付きレストラン「The JADE ROOM + GARDEN TERRACE(ジェイドルーム+ガーデンテラス)」(2021年オープン予定)は仏教寺院からインスピレーションを得ているという。部屋から東京湾や東京タワーの眺望を楽しめるし、プール付きのスパでリラックスすることもできる。

null
東京エディション虎ノ門のレストラン「The BLUE ROOM(ブルー ルーム)」

2. キンプトン新宿東京


null
陽射しがあふれるキンプトン新宿東京の「The Jones Café | Bar(ザ・ジョーンズ カフェ&バー)」

10月2日にオープンした「キンプトン新宿東京」は、キンプトンホテルズ&レストランツの日本進出第一号だ。この151室のホテルを際立たせる特徴は、大胆で遊び心あふれるデザインのインテリアとアート。

ニューヨークに拠点を置くホテルデザイン界の寵児<ロックウェル・グループ>が設計した印象的なエントランスを入ると、1階には日本人アーティストSHETA(シータ)のアートワークを飾ったコンセプトショップがある。16階には美術展も開催可能なマルチファンクションスペース 「The Gallery(ザ・ギャラリー)」がある。

ルームウェアの浴衣のデザインを手掛けたのは、その作品がロンドンのヴィクトリア&アルバート・ミュージアムに常設展示されている着物デザイナーの高橋理子。カクテルを楽しめる屋外テラスをはじめ、ニューヨークをイメージしたカフェとダイニングが揃っている。17時から18時まで開かれる<イブニング・ソーシャルアワー>には、ヨガの講習など様々なイベントが用意されている。

null
キンプトン新宿東京のエントランス

翻訳・編集=黒木章人/S.K.Y.パブリッシング/石井節子 

PICK UP

あなたにおすすめ