Close RECOMMEND

行動者発のプレスリリースが流通するプラットフォーム

2020年12月7日、「2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考会が開催され、各賞が決定した。

本年度は新型コロナウイルスの影響で、一時はイヤーカーの選出自体、危ぶまれていたが、 イベントの開催方法、開催場所、開催概要などを見直すことにより、実施へと至った。

日本カー・オブ・ザ・イヤー「SUBARU レヴォーグ」




<授賞理由>
「スバルグローバルプラットフォーム」とフルインナーフレーム構造の組み合わせで類い希な操縦性と快適性を高次元で両立。日常域での扱いやすさを重視した新開発1.8L直噴ターボエンジンはリーン燃焼という新しい技術トライとユーザー目線の開発姿勢で支持を集めた。

インテリアも大型センターインフォメーションディスプレイや、フル液晶メーターで構成された先進的なデジタルコクピットを採用するなど大きく進化し、2020年代のベンチマークにふさわしい仕上がり。3D高精度地図データと、GPSや準天頂衛星「みちびき」などの情報を活用した高度運転支援システム「アイサイトX(エックス)」を設定しながら、装着車で317万円(税抜)スタートというコストパフォーマンスの高さも評価された。

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー「プジョー 208/e-208」




<授賞理由>
高剛性ボディとしなやかに動くサスペンションの組み合わせで実現した、クラスを超えた上質な乗り心地と、ドライバーの意のままにライントレースするハンドリングが秀逸。

フランス車らしい内外装の高いデザイン性と精緻な作り込みも魅力で、発進時から豊かなトルクを発揮しガソリン車同様のフットワークを持ちながら、400万円を切る車両価格のEVモデル「e-208」を選べる点も評価された。

PR TIMESより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ