Close RECOMMEND

for Startups,Inc.運営のSTARTUP DB編集部による連載

国内の成長産業及びスタートアップに関する幅広い情報を集約・整理し、検索可能にした情報プラットフォーム「STARTUP DB」では毎週、資金調達のサマリーを発表している。この記事では、12月1週目の“注目のトピック“として選ばれた5件の資金調達について紹介する。

CAMPFIRE


調達額:42億円
調達先:Minerva Growth Partners LLP / BASE / みずほ銀行 / 丸井グループ
備考:出資元はニュースから推測 / その他既存投資家を含む / シリーズDラウンドで約6億円、シリーズEラウンドで約30億円の調達 / みずほ銀行は6億円を上限とするコミットメントライン契約締結による融資

国内最大のクラウドファンディング・プラットホームサービス「CAMPFIRE」を運営するスタートアップ。paperboy&co(現GMOペポパ)を立ち上げJASDAQ上場を経験した家入一真氏が設立。

同社はあらゆるファイナンスニーズに応えるべく、個人やクリエイター、企業、NPO、大学、地方自治体など、様々な挑戦を後押しする。

「CAMPFIRE」では、プロジェクトを実行する前に、顧客のニーズを把握することができ、在庫リスクや販売不振を大きく軽減することが可能。

さらに「CAMPFIRE」のメッセージ機能を活用することで、パトロンとのコミュニケーションを円滑に取ることができる。

“個展を開催したい”、“CDをつくりたい”など、すべての挑戦者の声を、ネットで多くの方に届け、充実のサポート体制で支える。

2020年8月時点で39000件以上のプロジェクトを掲載し、支援者数は延べ320万人以上、流通金額は290億円に達している。

2020年12月には、Minerva Growth Partnersをリード投資家とするシリーズEラウンドの資金調達を実施。

今回調達した資金を活用し、国内最大の購入型クラウドファンディング「CAMPFIRE」を中心に、さらなる利用者拡大に向けて事業基盤強化などに取り組む。

ペプチスター


調達額:17億9000万円
調達先:ダイセル / ワイエムシィ / 旭化成 / 横河電機 / 神鋼環境ソリューション

ペプチド原薬の研究開発・製造をおこなうスタートアップ。

ペプチド原薬とは、現在医薬品の主流である低分子医薬品と抗体医薬品の両方の特徴を兼ね備えており、かつ化学合成で製造できる医薬品である。

同社はこの一般的なペプチド医薬品に加え、非天然アミノ酸を含んだ環状構造の特殊ペプチド原薬も製造できる技術を持つ。

この活性や特異性に優れたペプチド医薬品を安定供給できる体制を同社が世界で初めて構築したことが注目を集めている。

特殊アミノ酸の調達から合成、精製、固体化までをすべて対応しており低コストでの製造を実現している。

2020年12月には旭化成、神鋼環境ソリューション、ダイセル、横河電機、ワイエムシィを引受先とする第三者割当増資を実施し、総額約17億9000万円の資金調達を実施した。

この調達資金を活用し、ペプチド医薬品原薬の安定供給とペプチド医薬品創出に貢献すべく、最先端製造技術の開発を加速させていく方針だ。

文=STARTUP DB

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ