Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

野々上 仁×出井 伸之

古今東西、成功した企業には共通点がある。それはひとりで起業した会社などないことだ。
社会の課題を解決したいという情熱とアイデアをもった若者に必要なのは、戦後の日本を築いたビジネスマンの経験値である。世代間のレバレッジこそ、停滞から飛躍への転換を可能にする。

チームを大切にし、長年最先端テクノロジーとのシナジーに注目し続けてきた元ソニー会長兼CEOでクオンタムリープ代表取締役ファウンダー&CEOの出井伸之とネットとライフのリバランスを指標として起業した野々上仁が運命的に出会ったとき、すでにデザインとエンジニアリング、そして知恵と経験を融合するライフイノベーションの歯車はまわり始めていた。

野々上率いる「野」を意味するヴェルトは技術面の未来志向と倫理面での原点回帰という視点をうまく組み合わせながら、タクラム・デザイン・エンジニアリングという全く新しい形のチームとタッグを組んだのである。

デザインからエンジニアリングまで、部署などを隔てることなくひとつのチームで完結させるこの日本最強とも言うべき集団が着手したのは『ウェアラブルでアナログ』な、ネット依存の社会に一石を投じるスマートウォッチだった。

出井はそんな彼らの「企み」を万全の体制で受け入れると、最高の技術者の紹介からソニーで刻み込まれた知恵の提供にいたるまで強力にサポートした。

彼がクオンタムリープ創業時に描いていた、「ソニーの元社長でいるよりも、その経験を生かして自分の価値をつくりかえる」という自らへのミッションともいうべきベンチャー支援を実現したのである。

洗練されたデザインのスマートなアナログ時計を前に、超未来的とも温故知新ともいうべき彼らの挑戦は現代人の心にどう映るのだろうか。二人が目にした、アイデアと技術の化学反応とは。
ネット時代にテクノロジーの存在核心を突く、新旧ツートップ会談。

藤吉雅春 

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい