Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

本社オフィス店で始まったタイ国際航空の機内食サービスの様子

コロナ禍の大打撃を受けている業界といえば、航空業界だろう。世界的な移動制限により、各社、減便や運休、計画の原稿を余儀なくされている。

アメリカ・デルタ航空やユナイテッド航空、ANA・JALなど世界中の航空会社が今期数千億円規模の赤字を記録。タイ国際航空は、立て続いた業績不振に加え、新型コロナウイルスの猛威が決定打となり、2020年5月に破産申請を行なった。

地上で味わう機内食サービス


そんななか、少しでも収益をあげようと、タイ航空が20年9月に本社オフィス店で始めた"機内食サービス"が面白い。搭乗さながら、タラップを登って2階店内に入ると、設置されているのは実際に飛行機で使われているシート。そのユニークな空間で、ユニフォームを着た客室乗務員が機内食をサーブしてくれる。

null
本社オフィス店で始まったタイ国際航空の機内食サービス

パイロットや客室乗務員と写真撮影できるなど、スタッフの手厚いもてなしが人気だという。好評を受けてシーロムオフィス店でも営業を開始。本社オフィス店では7:00〜14:00まで、シーロムオフィス店では6:30〜14:00まで毎日営業。

null
一部メニュー

null
一部メニュー

メニューはロイヤルファースト、ロイヤルシルク、エコノミーから選ぶことが可能。エコノミーメニューは99バーツ(約340円)と手頃なものも。カレーライスやポーク、ロブスターバーガーなど多彩なメニューが揃っている。※3日前までに要予約 ※シーロムオフィス店はアラカルトメニューのみ

null
ロイヤルシルクメニュー

ファーストクラスのフルコースは1990バーツ++(約6800円。『++』は、7%の消費税と10%のサービス料金が加算されるという意味。つまり税サは17%)となっており、エコノミークラスはセルフサービスで200バーツほど。シーザーサラダやパスタだけでなく、各国料理が準備されており、お昼の営業のみながら1000人が訪れるという盛況ぶりだ。

乗客がフライト気分を味わえるだけでなく、乗務員やスタッフの働く場の提供ともなり得る。苦境の航空会社において、機転の効いた対応だと言えるだろう。

文=上沼 祐樹 編集=石井 節子

PICK UP

あなたにおすすめ