Close RECOMMEND

I cover retail, from fashion to grocery, and its dance with technology

OLD NAVY(Photo by Johnny Louis/Getty Images)

新型コロナウイルスの影響で、アパレルは全体的に需要が落ち込んでいるが、ひとつ顕著な例外がある。アスレジャー、およびその他のコンフォートカジュアルファッションだ。GAPやノードストロームの最新の四半期収支報告も、この傾向を裏付けている。

GAPは11月24日、第3四半期における全社の既存店舗売上高が5%増加したと発表した。好調を牽引したのは、傘下のディスカウントチェーンだ。

全事業の5分の3近くを占めるブランド「オールドネイビー」の既存店舗売上高は17%増を記録した。オールドネイビーで消費者は何を買っていたのだろう? 売上が55%も跳ね上がったのは「アクティブ系の商品」だった。

また、アスレジャーをテーマにしたGAP傘下のアパレルチェーン「アスレタ」は、売上こそ全体の7%にすぎないが、既存店舗売上高は37%増となり、ブランド史上最高記録を打ち立てた。

オールドネイビーとアスレタを合わせた売上の割合は、現在は全社売上の63%だが、2023年までには70%まで増加するとGAPは予測している。

2ブランドの好調は、第3四半期に30%急落した「バナナ・リパブリック」とは対照的だ。後者の需要の低下は、「在宅勤務における消費者の好みが、会社用のフォーマルな服から、よりカジュアルなものにシフトした」結果であると、GAPのソニア・シンガルCEOは財務報告で説明した。

シンガルはバナナ・リパブリックの今後について、テーラードスーツなどのカテゴリーを削減しつつ、「ラウンジ、スリープ、アクティブ、フリース、セーター」により重点をおくと述べた。

ノードストロームも、同じく11月24日に財務報告を行なった。そして、全体の第3四半期売上が16%減と低迷するなかで、「アクティブ」のカテゴリーが「飛躍的成長」を遂げたと述べている。

ノードストロームのライバルであるメイシーズも11月中旬、衣料品全体の売上はまだ低調であるものの、消費者がおもに購入している「カジュアルでアクティブなカテゴリー」に軸足を移す意向を示した。

ティーン向けの衣料小売チェーンであるアメリカン・イーグル・アウトフィッターズは11月24日、傘下の下着・ラウンジウェアブランド「エアリー」の第3四半期売上が34%増を記録したと発表した。同ブランドは昨年も26%の伸びを示しており、社名を冠したアメリカン・イーグル・アウトフィッターズのブランド売上高が11%減に沈んだのとは対照的だ。

翻訳=的場知之/ガリレオ

PICK UP

あなたにおすすめ