Close RECOMMEND

起業家たちの「頭の中」

ナイル代表取締役社長 高橋飛翔(提供:DIMENSION NOTE)

「デジタルマーケティングで社会を良くする事業家集団」を標榜するナイル。月間利用者数1000万人を超えるスマホアプリ紹介サービス「Appliv」や、車のサブスクリプションサービス「おトクにマイカー 定額カルモくん」など、多領域に渡り注目サービスを生み出し続けている。

そんな同社代表取締役社長 高橋飛翔氏に、起業家にとって重要な素養、成功する事業の創り方などについて聞いた(全3話中、第2話)。


ウェット情報からコアアイデアを見つける


──異なる様々な領域で事業立ち上げに成功されています。ビジネスアイデアの見つけ方、そして絞り込み方の秘訣を教えてください。

まず最も重要なのが「コアなビジネスアイデア」を見つけること。

「コアなビジネスアイデア」が何かというと、そのマーケットの「ユーザーペイン」と、それに対する「ソリューション」のセットです。

ただし、ウェブメディアや新聞を読んだとしても、この「コアなビジネスアイデア」は絶対に見つかりません。ニュースのようなものを「ドライ情報」、業界関係者の生の声を「ウェット情報」と分けたときに、大切なのは「ウェット情報」をいかに収集するかです。

市場関係者しか知らないような情報、業界の中でも最先端を走っているような人から引き出すディープな情報。そういった良質な「ウェット情報」を収集できればできるほど、ユーザーペインに対する正しい仮説が生まれ、ソリューションを発想できる。

成功する「コアなビジネスアイデア」は、誰もが知り得ない希少性が高くて重要な情報から生まれるのです。

──近年急成長されているモビリティサービス事業「 おトクにマイカー 定額カルモくん」も、そのようなプロセスを経て生まれたのでしょうか?

「おトクにマイカー 定額カルモくん」を立ち上げたのは2018年の2月ですが、企画準備自体は2016年10月くらいからやっていました。

当時私がやっていたことは、yentaというビジネスマッチングアプリを使って、ひたすら車業界の人に会い、ビジネスモデルに対する意見を募ることです。yentaの1日フリック上限数が当時10人だったものを、yenta事業責任者に直談判して私専用の50人フリック有料プランを作ってもらったほどです(笑)。

2016年には主要な車関係会社は全てテレアポし、電話でプレゼンをしてはフィードバックをもらい続けました。そんな泥臭いことを社長室で1人やり続けたところから「おトクにマイカー 定額カルモくん」のビジネスアイデアは生まれました。

文=伊藤紀行 提供元=DIMENSION NOTE by DIMENSION, Inc.

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ