Close RECOMMEND

I write about the world's most successful entrepreneurs.

Getty Images

米アマゾンをはじめとするマーケットプレイス向け業者の買収や立ち上げ、育成を手がけるサンフランシスコのスタートアップ、ヘイデイ(Heyday)は、シリーズAの資金調達ラウンドで1億7500万ドル(約182億円)という巨額の資金を集めた。アマゾンやイーベイ、ペイパルの幹部らの出資も受けた。

ヘイデイは、フィンテック企業ファンドボックス出身のセバスチャン・リマーズ(36)が今年8月に創業したばかりの新興企業。16日の発表によると、ラウンドにはベンチャーキャピタル(VC)のゼネラル・カタリスト、コースラ・ベンチャーズなどが参加した。

米国ではこのところ同社のように、アマゾンのマーケットプレイスを活用して商品を販売する「サードパーティーセラー」と呼ばれる独立系小売業者に賭ける企業が続々と現れている。こうした業者がアマゾンの売上高に占める割合は1999年には3%にすぎなかったが、今では約60%に達している。

ただ、こうした小売業者は相変わらず規模の小さいところが多い。そのため、潤沢な資金をもつ投資家は、売り上げや利益を促進するため、アマゾン生まれの数十ないし数百の業者を統合させたり、リソースをプールしたり、裏で投資したりしている。

現在、アマゾンのサードパーティーセラーの最大の買い手となっているのが、スタートアップのスラシオ(Thrasio)。同社はこれまでに5億ドル超を調達しており、7月には評価額が10億ドルに達した。同業のパーチ(Perch)やブースティッド・コマース(Boosted Commerce)も最近、相次いで大型の資金調達を発表している。

ヘイデイもすでに、家電や家具、ビューティー(美容品)といったカテゴリーでいくつかのブランドを買収したり、立ち上げたりしている。年間売上高は2020年に2000万ドル、2021年には2億ドル超を見込んでいるという。

同社はまた、広告を増やす時期の見極めや注文に応じた価格や在庫の調整など、自社のブランドポートフォリオの運営に関する技術も開発している。ゆくゆくはこうした技術を、事業売却には関心がないが運営を向上させたいサードパーティーに外販することも計画する。

編集=江戸伸禎

PICK UP

あなたにおすすめ