for Startups,Inc.運営のSTARTUP DB編集部による連載

国内の成長産業及びスタートアップに関する幅広い情報を集約・整理し、検索可能にした情報プラットフォーム「STARTUP DB」では毎週、資金調達のサマリーを発表している。この記事では、11月3週目の“注目のトピック“として選ばれた5件の資金調達について紹介する。

Arent


調達額:10億円
調達先:J&TC Frontier / その他複数の引受先から調達
備考:資金調達方法は融資を含む

主に自立型CADの開発・導入コンサルティングを行うスタートアップ。

CAD(Computer aided design)とは、コンピュータ支援設計という意味である。図面の作成、デザインの設計作業を効率化する設計支援ツールで、3Dプリントの分野でも用いられる。

同社が開発するCADは自立型であることが大きな特徴だ。

多方面で活躍し、大規模プロジェクト参画の経験をもつCAD開発のスペシャリストが多数在籍する同社の開発技術は高く、現場の"ベテラン"の経験値や冴えを自立型CADとして実現している。

これまでにプラントの配管レイアウトの最適化や、商業施設やビルのガス・空調などの配管の経路設計などに携わっている。

この技術を用いて、設計士の"作業"を減らし、より"創造"に才能を発揮できる未来の実現を目指す。

2020年11月には、JFEエンジニアリングと東京センチュリーが設立した共同投資ビークルJ&TC Frontierを始めとする複数機関から総額約10億円の資金調達を実施した。

HACARUS


調達額:3億9000万円
調達先:MTG Ventures / PARKINSON Laboratories / みやこキャピタル / りそなキャピタル / 中信ベンチャーキャピタル / 京都銀行 / 大原薬品工業 / 日本政策金融公庫

AIを使ったデータ解析サービスでヘルスケア分野、産業分野等の課題解決を行う京都発のスタートアップ。

"地球上の全ての人を120歳までお連れする"というミッションのもと、2014年にヘルスケアのAIベンチャーとしてスタート。

同社の強みは、少量のデータで効率的に動作するスパースモデリングの方法論で、この技術を機械学習に利用することで従来のディープラーニングが抱える膨大な学習データの要求や、学習期における高度な演算機能といった課題の解決を試みている。

またAIの意思決定を透明化にも取り組んでおり、これらの取り組みはAIが出した答えの精度ではなく、その答えを導き出した演算過程の説明が求められる医療分野において活躍が期待される。

2020年11月にはMTG Ventures、りそなキャピタル、大原薬品工業、みやこキャピタル、PARKINSON Laboratories、中信ベンチャーキャピタルから13億円の資金調達を完了した。

今回調達した資金は、マテリアルズ・インフォマティクス(MI)および創薬支援のR&D強化、ビジネス開発・コンサルタント人材の採用、日本国内向けに開発されたAIソリューションの欧州、北米、東南アジア地域での展開に充当する予定だ。

文=STARTUP DB

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ