最先端の経済誌「Forbes JAPAN」の記事紹介

はじめしゃちょー (c) UUUM

次世代を担う「30才未満の30人」を選出する「30 UNDER 30 JAPAN」。今年の受賞者のひとり、現在27歳のYouTuber、はじめしゃちょー。彼の編集手法は多くの動画制作者に影響を与えている。



「インフルエンサー」という単語が世の中に認知されるいま、誰もが認めるその先駆者的存在といえば、はじめしゃちょーだろう。

YouTuber市場がもはや戦国時代の様相を呈するなかでも、893万人以上のチャンネル登録者数を誇る人気クリエイターだ。YouTuberという存在がまだ一般的でなかった2012年にチャンネルを立ち上げ、2000本以上の動画をアップロード。総再生回数は76億回を超える。

「実際、数字が命なんで」

テレビ番組で密着されたときに彼が発した一言だ。自分たちの仕事はいつ消えてもおかしくないという心構えと、強い気概が見て取れる。

「好きなことで生きていく」ための背景には、一生をかける覚悟とシビアな数字、そしてたゆまぬ努力が必要だ。仕事として動画をつくることで、自分の好きなシーンをつなぐのではなく、人に見られることに重点を置いた編集をすることも増えたという。

それでも、はじめしゃちょーは、動画づくりは「楽しい」とも断言する。カットを多用した編集は自分を理想に近い形で演出するためのもの。コンプレックスである言葉をかんでしまう癖をカバーする目的があったが、いまやその編集手法は多くの動画制作者に影響を与えている。


はじめしゃちょー◎1993年、富山県生まれ。静岡県在住。日本を代表するYouTuber。5分から10分程度の動画を配信し、若年層から支持を得ている。最も再生数が多い動画は1.2億回以上再生された。

文=揚原安紗佳

PICK UP

あなたにおすすめ