Close RECOMMEND

for Startups,Inc.運営のSTARTUP DB編集部による連載

国内の成長産業及びスタートアップに関する幅広い情報を集約・整理し、検索可能にした情報プラットフォーム「STARTUP DB」では毎週、資金調達のサマリーを発表している。この記事では、11月2週目の“注目のトピック“として選ばれた5件の資金調達について紹介する。

ゼロスペック


調達額:2億3000万円
調達先:ENEOS、三信電気
備考:プレAラウンド

効率よく配送をおこなうための情報収集システム「Smart Oil Sensor」の開発、運用をするスタートアップ。

「Smart Oil Sensor」は、無線でタンク内の在庫量データをクラウド環境に蓄積し、センサー本体と通信にかかるコストを削減し電池を⾧時間持続させるスマートセンサーと、クラウド環境に蓄積された在庫量に基づいて最適な配送タイミングを把握できるソフトウェア「GoNOW」のふたつのIoT技術を活用することで配送の最適化を図るシステム。

配送事業者が直面している、人手不足や配送経費の削減といった課題の解決を提案している。

2020年11月には、総額2億3000万円の資金調達を実施し、PreAラウンドを完了したことを発表。

調達した資金は、「GoNOW」のシステム機能強化と追加を加速させる為の人材採用、サービスと顧客満足度向上に向けての取り組み、販売先拡大、新規事業用の開発費用などに充てられる見込みだ。

Connect


調達額:2億1000万円
調達先:Beyond Next Ventures / エムスリー / フューチャーベンチャーキャピタル / 三菱UFJキャピタル / 慶應イノベーション・イニシアティブ
備考:プレスリリースに累計調達金額は2.45億円と記載

ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)を応用した神経リハビリ機器の開発・製造・販売などをしているスタートアップ。

BMIとは、脳活動の検出や脳への電気刺激等の、脳と機械をつなぐ技術を示す。

BMIを利用した同社が開発している医療機器は、麻痺患者の脳波から機能代償回路の活動を検出したタイミングで、麻痺部に装着したロボットを駆動することにより、脳と麻痺部位をつなぐ神経回路の再構築を促す。

この神経回路の再構築により、患者はロボットを外した状態でも自分の意志で麻痺部位を再び動かすことが可能になる。

当医療機器の実現により、患者様のQOL回復に貢献し、国の財政負担の軽減を目指している。

2020年11月9日にBeyond Next Ventures、慶應イノベーション・イニシアティブ、フューチャーベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタル、エムスリーからの2億1000万円の資金調達を発表した。

今回の調達を通し、医療機器承認取得のための製品仕様策定、量産体制の構築および人材採用を行う予定だ。

文=STARTUP DB

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ