Close RECOMMEND

I write about Millennials, Gen Z, and leadership trends.

fizkes / Shutterstock.com

採用面接を成功させるためには、焦点を当てるべき重要なことがいくつかある。面接での振る舞いや面接後のフォローアップの仕方に加え、事前準備が重要だ。ここに挙げるコツは、次に行われるオンラインや対面の面接で良い結果を出す役に立つだろう。

面接前


調査をする


企業文化やその企業で働く様子をより深く理解できるよう、今後働くかもしれない会社について調査をすることが重要だ。企業のウェブサイトやグラスドアなどのサイトを確認し、その会社で働くことを従業員がどう考えているかについて感触を得ること。レビューを読み、危険な兆候に思えるものがあるかや、会社に対する従業員の考え方が全体的にポジティブなものかネガティブなものかを確認しよう。

質問を用意する


面接の最後に質問をすることは、面接官からの質問に答えることと同じくらい重要だ。その会社で働くことが実際どのようなものかについてさらに見識を得られるからだ。質問はできる限り具体的なものにし、ウェブサイトを見れば答えられるようなことを尋ねるのは避けること。

企業文化について知りたければ、「ウェブサイトで、御社の中核的な価値の一つが学習だと知りました。御社が提供している学習の種類や成長の選択肢について詳細を教えていただけますか?」など、自分が既に読んだことについてさらに説明してもらうような質問をしよう。

面接中


第一印象に気を使う


第一印象は、ズームで動画をオンにした瞬間から始まる。背景がすっきりしていて散らかっていないことや、きちんとした身なりをしていることが非常に重要だ。家の中で良い背景が見つけられなければ、バーチャル背景を使おう。握手の代わりにあいさつをし、人材を必要としている管理職に面接に呼んでもらったことを感謝しよう。話しているときは、人材を必要としている管理職の目を見ているという印象を与えるためにカメラを直接見ること。相手が話しているときは相手を見てもよいが、自分が話す番になったら相手の顔ではなくカメラを見て話すこと。

履歴書に載っていること以外についても話す


人材を必要としている管理職は既にあなたの履歴書に目を通しているので、あなたの職歴の詳細は理解している。面接は、自分が達成したことやこれまでの仕事について詳しく述べることができる時間だ。可能な場合は必ず答えにデータを加えること。こうすれば、どのように自分が会社に価値をもたらすかを示すことができる。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ