Close RECOMMEND

いまおいしい、いま知りたい食のトレンド最前線

Minagiwa Reserve Selection 2016 Kashiwa Sato Limited Edition

Forbes JAPAN本誌で連載中の『美酒のある風景』。今回は11月号(9月25日発売)より、「Minagiwa Reserve Selction 2016」をご紹介。洗練されたブレンドエッセンスを感じさせられる1本だ。


新型コロナウイルス禍により、いま海外へ旅することは大変に難しい。そんななか、世界を旅しているかのような奇跡的なマリアージュに出会うことができた。

それはニュージーランドで、日本人のオーナーの下、フランス人コンサルタントの智慧を得てつくられるワインと、同じく日本人オーナーの下、フレンチの技法を習熟したシェフにより、ニュージーランド産の食材を使用したモダンヴェトナム料理の一皿。いくつものピースが心地よくはまるパズルのように緻密なペアリングの、その詳細をみていこう。

まずはワイン。「シャトー・ワイマラマ」は日本人実業家の佐藤茂氏が、父の資産とボルドースタイルのワインに傾倒する情熱を継承。ニュージーランド北島のホークスベイで、4.5haのブドウ畑を剪定から収穫まですべて手作業で行う、高品質なワインづくりで知られるワインメーカーだ。

その中で、この「Minagiwa Reserve Selection 2016」はエントリーワイン的な存在。メルローやカベルネ・ソーヴィニヨンなどが主体となるボルドースタイルはニュージーランドでは珍しいように思うが?

「ホークスベイは、ニュージーランドの中では比較的温暖な気候。降雨量はボルドーと同じで、風土的にも似通っていることが多いんです。果実味が前面に押し出されがちなニュージーランドのワインの中にあって、この『Minagiwa』は洗練されたブレンドのセンスを感じさせる1本。複雑な味わいの一端を担うグリーンノートに合わせて、料理にも山椒やカルダモン、ライムバジル、パクチーなどたっぷりのスパイスとハーブをあしらいました」

こう語るのは、「Ăn Đi」オーナーにして、日本を代表するワインテイスターの大越基裕氏だ。

そもそも今回ご紹介する料理は、コロナ禍で休業を余儀なくされた「Ăn Đi」が、お客のために何かできることをと模索した結果、テイクアウト用として開発されたメニューがベース。試食を繰り返していた大越氏が、「Minagiwa Reserve Selection 2016」とのマリアージュのすばらしさに気づき、ワインのチャームをさらに引き立てるべく、改良を重ねた一皿だ。

ニュージーランドと日本、そしてフランスのコラージュが堪能できるペアリングは期間限定(編集部注:10月末に終了)。佐藤可士和氏デザインによる限定エチケットのボトルとともに、テーブルの上でささやかな旅を体験していただきたい。東京だからこそ味わえる、世界的レベルの美味体験だ。

Minagiwa Reserve Selection 2016
Kashiwa Sato Limited Edition
容 量|750ml
ブレンド|メルロー44%、カベルネ・ソーヴィニヨン27%、シラー15%、マルベック7%、カベルネ・フラン7%
価 格|11000円(税別参考小売価格)
問い合わせ|ワイマラマジャパン

photographs by Yuji Kanno | text and edit by Miyako Akiyama

美酒のある風景
VOL.31

元ドン ペリニヨンの巨匠が挑むSAKE of JAPAN

VOL.33

伯爵の称号を冠する気高きシャンパーニュ

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ