I cover breaking news.


MITテクノロジー・レビューの記事によると、アマゾンは将来的にアレクサの反応のロボット臭さを抑え、より人間味のある対応をさせようとしているという。そのためには、アレクサが機械的な反応を返すだけでなく、顧客の意図を読み取ることが必要になる。

しかし、プライバシー保護団体は、アマゾンのこのような野心がさらなるプライバシー侵害につながることを懸念している。

アマゾンは今年8月にフィットネストラッカーのHaloを発売した。このデバイスはユーザーの声のトーンから感情を読み取ることが可能になっており、ここにも「気味が悪い」と批判を浴びるテクノロジーが搭載されるのかもしれない。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ