Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

Getty Images

9月に出版された『amazonのすごい会議―ジェフ・ベゾスが生んだマネジメントの技法』(東洋経済新報社)の著者、佐藤将之氏は、アマゾンジャパンの立ち上げメンバーとして2000年7月に入社。サプライチェーン、書籍仕入れ部門を経て2005年よりオペレーション部門で、2016年に同社を退職するまでディレクターとして国内最大級の物流ネットワークの発展に寄与した。

世界トップの企業、アマゾンの成長を支える原動力である「会議の技法」とは、どのようなものなのか。

同書の一部より抜粋し、会議の効率化を図るためにジェフ・ベゾスが設けた「アマゾン流、資料作成のルール」を紹介する。


用紙1枚にまとめるアマゾンの基本資料


アマゾンで、簡単な報告をするときに用いられる会議資料のことを「1ページャー(ワンページャー)」と言います。その名の通り、ポイントだけを1枚でまとめたものです。もちろん「裏」は使わず、「表」のみです(ちなみに日本支社の場合はA4用紙1枚を指しますが、米国の場合はレターサイズの紙1枚です)。

たとえば、「こんなプロジェクトをやりたい」と思ってアイデアのラフなプランを説明するときや、「7月にセールやキャンペーンを実施したい」と思ってプロモーションの概要を説明したりするときにも、1ページャーが用いられます。

下記で、「1ページャー」の例を挙げておきます。これは、バレンタインデーの販促企画を想定した資料です。背景や課題を明らかにし、それに対してどのようなアクションをとるか。それによって、最終的にどういうゴールを達成するか、概要が書かれています。

null
null

日常的な報告も1枚でまとめる


1ページャーは、何か提案する会議以外でも、簡単な報告書を作成するときなど、日常業務の様々な場面で使われます。

たとえば、何か問題が起きて、メトリックス(アマゾンでいうところのKPI:重要業績評価指標。本書では163ページを参照)で異常値が示されたとします。そして、その理由について口頭の説明だけでは不十分で、もう少し調査や分析が必要になる場合などに、「来週までに1ページャーを書いてきて」と言われるのです。

その際には、どのような問題が起こったかという具体的な内容、究明された原因、実際に行った対策や結果などを書きます。

null

文=佐藤将之 編集=石井節子

PICK UP

あなたにおすすめ