Close RECOMMEND

I write about the future of mobility and evolution of transportation.

ウォルマート(Photo by Justin Sullivan/Getty Images)

米ウォルマートは、小売業の現場へのロボット配送の導入を視野に入れ、GM傘下の自動運転企業「クルーズ(Cruise)」と共同で、フェニックス郊外の顧客に食料品やその他のアイテムを届けるテストプログラムを開始した。

ウォルマートのカスタマープロダクト部門のTom Wardは11月10日、公式ブログで、このプロジェクトが2021年初頭から始動すると宣言した。クルーズによると、配送で使用されるEV車両の充電には、再生可能エネルギーで発電した電力が用いられ、ウォルマートの環境を重視する姿勢とも合致するという。

「顧客らは最寄りのウォルマートの店舗から、電動の自動運転車両によるデリバリーサービスが受けられる」とウォルマートのWardは述べている。「ここで用いられるテクノロジーは、顧客の時間や費用の節約につながるだけでなく、環境保護にも役立つ」と彼は続けた。

テストで使用される車両の台数や、プロジェクトの財務データは現時点では開示されていない。ウォルマートが最初に自動運転企業との取り組みを実施したのは、2018年にウェイモと行ったフェニックスでのプロジェクトだった。

今年はパンデミックの発生によって、クルーズやウェイモの自動運転タクシーのプロジェクトは停滞していたが、その代わりに、人間が介入しない非接触型のデリバリーの実現を目指す、ロボット配送技術の開発には進展が見られた。

ウェイモは、UPSの店舗から貨物を収集しトラック輸送を行うViaサービスを開始し、シリコンバレーのスタートアップ企業Nuroは、ウォルマートやCVSなどにデリバリーロボットの提供を開始している。

一方で、クルーズはこれまで同社の本拠地であるサンフランシスコで、自動運転車を用いたタクシーサービスのテストを重ねてきた。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ