Close RECOMMEND

世界が直面する課題の解決方法


キー・ポイント:
・ユーザーはこれまで以上に目が肥え、インフルエンサーの偽りない体験を知りたいと望んでいるため、企業は有名人よりKOLを見据えて対応することが求められます。正直で、偽りがなく、偏った見方をしていない投稿は、有名人を頼りにしたスポンサー支援による投稿よりも優位に立てるのです。

・企業はターゲットとする客層に合わせてブランディングを進める必要があります。行動研究や民族誌学をブランド戦略に取り入れることで、企業は求める客層の価値観、考え方、憧れを把握することが可能になり、また、自社商品と真摯に向き合えるのはどのKOLかを判断することにも役立ちます。

ライフスタイルに合う商品を


ユニクロ
ユニクロはベーシックなデザインと高品質な製品で中国で支持されている。

伝統あるブランド企業は品質に基づいて商品価格を決めていました(例えば、品質の高い商品は高価格になります)。しかし、より洗練された若い消費者が中国市場で存在感を増し始め、彼らは価格や品質の枠にとらわれず、自分のライフスタイルに合うブランドに対してより強い一体感を持つようになっています。

企業がこのような消費習慣を理解し、若い中国人消費者の購買力を開花させようと彼らの根底にあるモチベーションを明らかにするうえで助けとなるのが、行動研究や民族誌学の研究者の存在です。

中国の消費者が自身のライフスタイルにぴったり合うと思うブランドのひとつにユニクロが挙げられます。2018年、Taobaoによる「Double-11」ショッピングフェスティバルで、ユニクロは男女衣料品カテゴリーで売上1位を獲得しました。わずか35秒の間に1億元(人民元)を売り上げました。

ユニクロの商品は高品質なベーシックデザインとして中国で有名ですが、これは、あらゆる場面に合う革新的な商品を作るというユニクロの戦略で、中国市場で勝ち抜くための鍵となる重要なことでした。顧客の日々の生活にスムーズに馴染む、用途の広い高品質な衣類を作ることで、ユニクロは中国で成功への足場を固めています。

キー・ポイント:
・ユニクロは中国人消費者の興味を引く、革新的で使いやすい衣類を幅広く提供しています。

・彼らは自分の日常生活に合う高品質な必需品に対しては、お金を惜しむことはありません。

意識改革が求められるマーケティング


中国におけるZ世代初期の人々が成人になり、このZ世代がそれまでの世代とどう違うのかを理解しなければならないプレッシャーが企業にとって大きくなっています。

いままで成功してきた従来型と同じようなマーケティングの手法は、新たな世代の消費者に対してはもはや十分とは言えません。今後、行動研究の専門家の意見を取り入れながら、中国の若い消費者の根底にある価値観、考え方、憧れを探り出し、彼らが時間と共に変化していく状況を追うことがますます重要になっていきます。


(この記事は、世界経済フォーラムのAgendaから転載、2019年7月に初出のものです)

連載:世界が直面する課題の解決方法
過去記事はこちら>>

文=Ruby Chui, Alumni, Global Shapers Community, Brandnographer;Lyra Jiang, Research Lead, Brandnographer

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ