Close RECOMMEND

I write about Millennials, Gen Z, and leadership trends.


上司や同僚

上司や同僚の頼みを断るには、外交的なアプローチが必要だ。戦略的に考え、断る理由として非常にきちんとしたものが必要となる。断る前に、明確な説明と代替提案を準備し、断ってもそれを受け入れてもらえない可能性が高いことを意識しておくこと。1回目に断ったのに承諾してもらえなかった場合は代替策を用意して再度交渉しよう。上司の場合は、反抗的だと思われないよう注意する。同僚の場合は、傲慢(ごうまん)、よそよそしいと思われないようにすること。

子ども

自宅が職場と学校を兼ねている現在、家族の状況の変化に合わせ、仕事とプライベートの間の微妙なバランスを取ることが必要だ。誰にも邪魔されず、仕事だけに集中する時間が必要な時期は必ずある。子どもに対し「ノー」と言う場合は、その理由を説明することが必要だ。

説明したからといって、子どもがその理由に納得するわけでも、あなたの答えを完全に受け入れるわけでもないが、子どもの理解を助けるはずだ。子どもには、いつになったら時間ができるかを伝えることで、あなたが仕事を優先しているため1日無視されていると子どもが感じないようにすること。

ペット

あなたの集中を今最も妨げている同僚は、ペットの猫だろうか? それとも犬だろうか? 日中、ペットはあなたの気を引こうとしたり、コンピューターや重要な書類の上に寝転んで仕事を“手伝おうと”したりしているだろうか?

ペットを拒むことは何よりも難しいことである場合が多いが、実はその要求に屈して数分間寄り添ったり遊んであげたりすることには価値があるときもある。あなたの方では良い心の休憩になり、ストレスが大幅に緩和されるためだ。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ