Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

Go Toトラベルの東京都民適用が始まった10月1日以降、東京近郊の温泉地の混雑ぶりはどうだっただろうか。また、全国を見ると飲食店やスーパー銭湯などでのクラスター発生例もあったが、観光地や旅館での新型コロナウイルスの感染対策は実際にはどのように行われているのだろうか。年200軒の温泉をめぐる温泉ライターがレポートする。

宿代実質半額でクーポンも付くGo Toトラベル


まず「Go Toトラベル」の事業概要をおさらいしたい。

このキャンペーンでは、国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の35%が割引され、15%が地域共通クーポンとして付与される。つまり旅行代金の半分相当額を支援する事業だ。

利用するには、Go Toトラベル事業に登録している旅行会社や旅行予約サイトを通じて予約するか、対象の宿泊施設に直接申し込むことで適用される。

筆者は今回の取材で大手旅行予約サイトの「じゃらん」から宿を予約したが、いつも通りの手順だけで自動的にキャンペーン価格が適用され、とても簡単だった。

宿泊した草津温泉の「おやど みゆき別館」では、一人当たりの代金が定価11000円。そこから35%割引で7150円(入湯税150円別途)と、ビジネスホテル並みの価格になり、お得さを実感できる。「地域共通クーポン」は、チェックインの際に紙で配布された(施設によっては電子の場合あり)。

今回は8名グループでの宿泊のため、総額13000円分を受け取り、全員の朝食とお土産の費用をまかなうことができた。


紙で配布された「地域共通クーポン」。地域は群馬県限定で宿泊日の翌日までが利用期限だった

参加者からは、1泊1万円の宿が7000円代で宿泊できることや、クーポン利用でその土地の美味しいものを食べられることに満足した、という声も聞こえた。また、クーポンの使用期限は宿泊日の翌日までのため、旅行中に温泉街でどう使い切るかを考えるのが楽しかった、という参加者もいた。

※クーポンには「紙」と「電子」で配布の2種類があり、対象店舗ではどちらが使えるかが掲示してある。


朝食で訪れた草津温泉街の「YAMAIRO(岳彩)」の「朝ごはん 焼鮭セット」。地域共通クーポンを利用して美味しくいただいた

文=小松 歩

PICK UP

あなたにおすすめ