Close RECOMMEND

for Startups,Inc.運営のSTARTUP DB編集部による連載

国内の成長産業及びスタートアップに関する幅広い情報を集約・整理し、検索可能にした情報プラットフォーム「STARTUP DB」では毎週、資金調達のサマリーを発表している。この記事では、10月4週目の“注目のトピック“として選ばれた5件の資金調達について紹介する。

Idein


調達額:20億円
調達先:DG Daiwa Ventures / DGベンチャーズ / いわぎん事業創造キャピタル / アイシン精機 / グローバル・ブレイン / 伊藤忠テクノソリューションズ / 双日
備考:DG Daiwa Venturesは、DG Lab 1号投資事業有限責任組合を通じて出資/グローバル・ブレインは、KDDI Open Innovation Fund3号を通じて出資/いわぎん事業創造キャピタルは、岩⼿新事業創造ファンド2号投資事業有限責任組合を通じて出資

高度なAI解析を利用したIoTシステムを手軽に安価に構築できる開発者向けのPaaS「Actcast」の提供を行っているスタートアップ。

同社は、パターン認識や信号処理の技術をセンシングへ応用し、実世界のあらゆる事柄をソフトウェアで扱うことができるようにすることを目標に、深層学習モデルによる推論の実行を高速化する最適化コンパイラ技術や軽量モデルの研究開発を行っている。

同社の高速化技術を用いて市販の安価なコンピュータ上で学習済みモデルの推論を動かすことができるという。

また、一般家庭でも手軽に高度なセンシング技術が利用できるようにするための自社製品・サービスの開発なども手掛ける。

2020年10月にはアイシン精機、グローバル・ブレイン、双⽇、DG Daiwa Ventures、DGベンチャーズ、伊藤忠テクノソリューションズ、いわぎん事業創造キャピタルを引受先に約20億円の資金調達を実施。

本調達は「Actcast」のさらなる事業拡大を目的に実施され、累計調達額は33億円となった。

みんな電力


調達額:15億円
調達先:ディップ / 丸井グループ / 日本政策金融公庫
備考:プレシリーズCラウンドとして新株予約権付転換社債発行によって調達

再生可能エネルギーを活用した電力の供給事業等の事業を展開しているスタートアップ。

同社は、電力業界でも特に地球に優しい電力に注目をしており、産業用ソーラーのコンサル事業や、自然エネルギーに特化したポータルサイト、次世代につながるエネルギー分野の研究開発を行っている。

2016年に発電者と生活者をつなぐ電力小売りサービス「顔の見える電力™️」を開始し、"納得感を持って選択する"という体験の提供にこだわっている。

2020年には清潔な空気環境の選択につながる空気環境改善事業「みんなエアー」を展開。

今後もソーシャル・アップデート・カンパニーとして、独自のブロックチェーン技術を基盤とした"顔の見えるライフスタイル"の実現を目指す。

2020年10月にはディップ、丸井グループ、日本政策金融公庫から資金調達を実施。

この調達を通して、気候変動など地球規模での問題解決に向けて、脱炭素社会の実現に貢献する方針だ。

文=STARTUP DB

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ