Close RECOMMEND

国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」

ヤリスの兄貴分は、まったく別モノだ

SUV市場の開拓車と呼べるトヨタRAV4が登場したのは1994年。しかし、時間が経つに連れて、そのサイズはだんだんと大きくなり、コンパクトさを求める人は他のブランドに浮気するしかなくなった。

昨年ショールームに現れた新型RAV4は初代よりひと回り、いやふた回り拡大している。それじゃ、少し大きすぎると言う人にとってヤリス クロスはうってつけだった。ちょうど良い大きさのヤリス クロスが登場。さて、この新車種はどんなクルマなのか、そのハイブリッド仕様に乗ってみることにした。

正直なところ、最近のトヨタ車のデザインはつまらないとは言えない。でも、美しいとも言えない。どの車種もエッジが効いていてユニークで目立つ。同車は美人ではないけど、どのライバルと並んでも、個性がはっきりして他のブランドとは上手に差別化できていると思う。

横から見たヤリスクロス

CH-Rより多少小さな「ヤリス クロス」のネーミングは少しめんどくさがっている感じがする。ベース車はヤリスだけど、そのお兄ちゃん版のSUVの名前にただ「クロス」を付け足すだけというのは、よほど賢いか気を抜いているかどっちかだと思う。「ヤリスX」よりは良いけれど、どうだろうか?

実は、ヤリスとヤリス クロスのラインアップには、いずれもガソリン仕様とハイブリッド仕様がある。今回、僕はハイブリッド仕様を比較しようと思う。

ヤリス クロスは、ヤリスよりホイールベースが10mm長く、全長はより240mm長く、しかも車重は90kg重い。両車を隣同士に置いて比較してみると、ヤリスの切れ長で鋭いライトと巨大なグリルに対して、ヤリス クロスのより優しい「目」と笑顔のようなグリルはまるでオーナーを選んでいる感じ。ヤリスが細マッチョで強面、兄貴のクロスはおっとりして肉厚な感じ。

だから、トヨタが「ヤリス クロスはヤリスをベースにしている」と言っても、類似点は少ない。ボディは当然全然違うし、内装の質感や機能性はクロスの方が明らかにレベルが高い。クロスにあって、ヤリスにないのは、ステアリングホイールのヒーターやパワーシートなどだ。

後ろからみたヤリスクロス

文=ピーター ライオン

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ