Close RECOMMEND

濃厚な旨味とドロっとした舌触りが特徴の金沢カレー。サクサクのカツが乗るのも特徴だ。

「アメリカ西海岸のロングビーチに出店した店舗は、テイクアウトだけの小型店ですが、店舗サイズと事業環境を考慮すれば、飛ぶ鳥を落とす勢いで売れているといっても言い過ぎではないと思います」。こう語るのは、チャンピオンカレー代表の南恵太だ。

1961年創業、「金沢カレー」の元祖として知られる「チャンピオンカレー」が、今年に入ってアメリカ進出を果たし、好調なスタートを切った。6月下旬にカリフォルニア州ロングビーチに海外1号店を出店すると、8月にはロサンゼルス市リトルトーキョーに旗艦店「Champion’s Curry Little Tokyo」をオープン。旗艦店の初日は、テイクアウトのみで2時間待ちの行列ができる盛況ぶりだったという。

新型コロナウイルスの感染が拡大しているロサンゼルスでは、レストランでの店内飲食は現在も禁止されている。この規制の影響をもろに受ける飲食店はダメージが著しく、経営難に直面する事業者も少なくない。そんな中で、チャンピオンカレーのアメリカ進出を後押しし、好調を支えるものはなんだろうか。

西海岸に進出 売り上げは予想の3倍


新型コロナの感染拡大によって、世界的に大きな打撃を受けた外食産業。一方で、店内飲食に依存する必要がないファストフード・チェーンは、テイクアウトやデリバリーが好調だ。コロナ禍で「守り」の経営に転じた飲食店も多いなか、チャンピオンカレーがアメリカへの事業拡大に踏み切った背景には、増加するテイクアウト需要への期待がある。

「本当に今年アメリカに進出すべきなのかという議論はありました」と述べる南。しかし、テイクアウト需要が大きく伸びたことで、5月の緊急事態宣言下のような最悪の状況でも、チャンピオンカレーの売り上げは昨対比マイナス30%までしか落ちなかったという。

「『コロナ禍でも、テイクアウトでカレーは売れる』という自信が、アメリカ進出へと背中を押してくれました。アメリカと日本では状況が異なるので不安もありましたが、いざ出店してみると、現地のアメリカ人から好評をいただいています」

ロングビーチにあるモール「SteelCraft Long Beach」に入る1号店は、テイクアウトだけの小型店ながら、多い日で1500ドルを売り上げる。この売り上げは損益分岐点の約3倍にあたり、事前予想をはるかに上回るという。新型コロナによる売上減に苦しむ他の飲食店と比較すれば、非常に好調だと言える。

金沢カレーがテイクアウトに強いワケ


またこの1号店は、テイクアウト特化型のカレー店という意味でも新たな挑戦となる。「店内飲食ができなくなってしまったことで、苦労する部分も多いのでは」と尋ねると、意外な答えが返ってきた。


Zoomでの取材に答えてくれた株式会社チャンピオンカレー代表の南恵太氏

「もともと金沢カレーというのは回転率を意識した業態でやっているので、テイクアウトに求められるスピード感にも非常に相性が良いです。実際、国内の店舗で飲食をされるお客さまの滞在時間は、早い人だと10分程度ですし、提供時間でいうと、平均して3分以内に出しています。このような『超高回転』に特化した業態は、私たちが金沢カレーを作った当初からのやり方なのです」

文=渡邊雄介

PICK UP

あなたにおすすめ