for Startups,Inc.運営のSTARTUP DB編集部による連載

国内の成長産業及びスタートアップに関する幅広い情報を集約・整理し、検索可能にした情報プラットフォーム「STARTUP DB」では毎週、資金調達のサマリーを発表している。この記事では、10月3週目の“注目のトピック“として選ばれた5件の資金調達について紹介する。

日本データサイエンス研究所


調達額:29億円
調達先:SMBCベンチャーキャピタル / みずほキャピタル / スパークス・グループ / ダイキン工業 / 三菱UFJキャピタル / 中部電力 / 東京大学エッジキャピタル /りそな銀行 / 三井住友銀行
備考:複数名の個人投資家を含む / スパークス・グループは未来創生2号ファンドからの出資 / りそな銀行および三井住友銀行からは合計3億円の融資

日本の労働人口が減る状況下で日本の労働生産性を高めることを通し、AIで企業、産業と日本をアップグレードすることを使命とした東大発のAIスタートアップ。

同社は利益に直結したAI活用サービスを提供している。クライアント企業のあらゆるコストを同社のマーケットレコードと混合させ、そこからコストに関するあらゆる情報を可視化、統合することでクライアントの為に最適なビジネスモデル等を提案する。特に同社の事業は自社特有の様々なモジュールにデータをくぐらせること、クライアントから成果に基づいたコミッション請求でフィーをもらっており、他社との差別化を図っている。

2020年10月にはスパークス・グループ、東京大学エッジキャピタルパートナーズ、ダイキン工業、中部電力、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、三菱UFJキャピタル、及び複数名の個人投資家を引受先とする第三者割当増資で約26億円と、三井住友銀行及びりそな銀行との当座貸越契約(デットファイナンス)の締結による約3億円の枠を合わせ、総額で約29億円の資金調達を実施した。

本調達により高いデータサイエンスやエンジニアリングの技術人材や豊富な経験を有するビジネス人材の登用、DX/AIソリューションの開発、新領域へのR&D投資等を強化していく方針。

文=STARTUP DB

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ