Close RECOMMEND

起業家たちの「頭の中」

五常・アンド・カンパニー 慎 泰俊

「民間版の世界銀行」を目指す五常・アンド・カンパニー。2014年7月創業から急成長を遂げ、2020年8月末時点でインド・カンボジア・スリランカ・ミャンマーに3,400名を超えるグループ従業員を擁し、顧客数は57万人、融資残高は270億円を突破。

2019年9月にはDIMENSIONも含めた投資家から42.2億円のシリーズC資金調達を実施、2020年4月のシリーズD資金調達の第一回クローズ23.3億円に続き2020年9月には海外機関投資家を中心に20.2億円のシリーズD追加資金調達を発表し、2014年7月の創業からの累計資本調達額は120億円に達しました。そんな同社・代表取締役の慎 泰俊氏に起業家の素養、ビジョンなどについて、DIMENSIONの下平将人が聞いた(全3話中、第3話)。

第1話第2話はこちら>>

*情報は2019年11月5日現在のものです。


組織に根付く「行動規範」


──行動規範がHPにも明確に記載されていますね。どのようなものか、具体的にお教えください。

経営理念:真善美と首尾一貫

:正しく思考し行動する
1–1 課題設定→目的と前提条件定義→思考枠組み構築→情報収集→論理思考の繰り返し→実行
1–2 Guiding Principlesと事実と論理に依拠し、エゴやバイアスや個人的感情を乗り越える
1–3 皆が恐れずに反論できるようにし、意思決定過程を透明にし、本物になる

:顧客、友人、家族に顔向けできない仕事はしない
2–1 顧客搾取ではなく誰よりも顧客に貢献することでお金を儲ける
2–2 全グループ会社従業員と対等な仲間として働く
2–3 仕事によって個人の生活や家族を犠牲にしない

:最高品質・最高速度・シンプルさを追求しつづける
3–1 世界最高水準のプロセスと成果物を作ることに妥協しない
3–2 今すぐやる ー 精神的な負荷の高いことも先延ばしにしない
3–3 全ての必要情報を揃え、それを最小インク・バイト・時間で表現する

首尾一貫:信じること、話すこと、為すことを一致させる
4–1 人情やその場しのぎのためにGuiding Principlesを曲げない
4–2 全関係者にいつもGuiding Principlesを語り、熱烈な支持者を増やしつづける
4–3 信頼と評判は首尾一貫した行動で築く ー メディア掲載や受賞、団体所属は副産物でしかない

価値観 (Value):
≡ 顧客の側に立つ:顧客視点で物事を見ることに力を尽くし、サービスを通じて顧客の目的達成を支援する
≡ 原理原則に従う:一切の例外なく、Guiding Principlesに従って行動する
≡ 傾聴する: 謙虚で素直な心を持ち、他者の声に耳を傾け尊重する
≡ 学び、考え、共有する:常識を疑い、現実解を考え、知識を他者と共有する
≡ 本物であれ:取り繕わず真実を語ることで誠実さを示し、信頼を築く

行動規範は書いてある通りなのですが、端的に言うと「真善美」「首尾一貫」であることを会社として大切にしています。

「真」「善」に関しては、論理や原理原則に基づいて「正しいこと」をすること。友達や同僚、家族に顔向けできないような仕事はしないということです。

「美」は最高品質・最高速度・シンプルさを追求しつづけることです。

「首尾一貫」については、信じていること・言っていること・やっていることを同じにすること。いつ死ぬか分からない人生において、自分が正しいと思っていることに向かって仕事ができることほど幸せなことはありません。

この大切にしていることを、経営者の私自身が1番の体現者となるよう日々仕事していますし、それが組織全体の姿勢に反映されていくと思っています。現在の自分が完璧だとは思っていませんが、毎日自分を振り返り、少しずつ理想に近づけていきたいと思っています。

文=下平将人 提供元=DIMENSION NOTE by DIMENSION, Inc.

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ