Close RECOMMEND

行動者発のプレスリリースが流通するプラットフォーム

投稿すれば、アフリカ・アジアの子どもたちに給食が届く

日本発、世界の食料問題の解決に取り組む、特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International(以下、TFT)は、国連が定めた10月16日「世界食料デー」(世界中の人が食べ物や食料問題について考える日)を記念し、「おにぎりアクション2020」を2020年10月1日(木)から10月31日(土)まで開催している。

このアクションは、おにぎりにまつわる写真に#OnigiriActionを付けてSNSまたは特設サイトに投稿すると、協賛企業が寄付し、TFTを通じてアフリカ・アジアの子どもたちに給食5食が届く企画だ。

写真投稿は無料で、期間中であれば何度でも投稿をすることができる。2015年より毎年秋に開催し、昨年までにのべ230万人が参加した。累計で約80万枚のおにぎり写真が集まり、450万食の給食をアフリカ・アジアの子どもたちに届けている。

コロナ禍だからこそ、お腹いっぱい食べられますように


愛をこめて握る「おにぎり」を通じ、世界の食料問題に対して気軽にアクションできるこの取り組みは、インターネット上で拡散され、キャンペーン前半で約9万枚の写真が投稿されている。特設サイトへは47都道府県から写真が投稿され、世界からは26の国と地域から投稿されている。

参加者からは、「こんな時だからこそ、世界中の子どもたちがお腹いっぱい食べられますように」と、たくさんの温かなコメントが寄せられている。

null
おにぎりアクション2020参加者の写真

著名人やスポーツ選手もアクションを応援


SNSを通じたおにぎりアクションの輪が広がり、社会の注目を集める中、著名人やスポーツ選手もアクションに参加している。

小島よしお(芸人)
石井正則(俳優)
箭内夢菜(俳優)
このほかにも、

セーリング 吉田愛選手、吉岡美帆選手(twitter

フェンシング 佐藤希望選手(Instagram

レーシング 中嶋一貴選手(Instagram

名古屋グランパス(twitter

PR TIMESより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ