世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

ベルテックス 代表取締役 梶尾祐司

「不動産投資は人生を豊かにする手段」と考えるベルテックス。多様化するニーズに応え、きめ細かなサービスを提供している。同社代表の梶尾祐司と、税理士資格をもつ島崎悟に、不動産投資で本当に考えなければならないこととは何かを聞いた。

-プレゼントキャンペーン実施中-
【資料請求いただいた方の中から先着100名様アマゾンギフト券3000円が当たる】


一人ひとりのユーザーの目的にかなう最適なサービス


「不動産を購入したお客様に、こんなはずではなかったと後悔させるようなビジネスだけは絶対にやりたくない。この思いは、創業以来少しも変わっていません」

ベルテックス代表の梶尾祐司は、自社の成長だけではなく、不動産業界全体の発展までも考えている。

そもそも不動産投資の、「こんなはずではなかった」は、なぜ起こるのだろうか。梶尾はこう述べる。

「例えば、不動産投資は、税金対策として有意な手段であるという思い込みで、深く考えずに節税には適さない物件を購入してしまうことがあります。さらに税金の知識がないと、確定申告をする際に節税にならないような申告書を出してしまうのです」

視点を変えれば、不動産投資の本質を知り、リスクを考慮し、投資目的を明確にして出口戦略をしっかり立てることで、堅実な投資になるとも言えそうだ。そのサポート役として、常にユーザーに寄り添い、数多くの引き出しをもつからこそ、ベルテックスはいまオーナーたちから絶大な信頼を得るまでに成長を遂げたのだろう。

「不動産投資の利点は、自らのキャッシュを使わずに、金融機関からのローンを利用して、家賃収入や売却益を得て、時間をかけて資産形成していくところにあります。さらに所得税を5分の1、想定相続税を3分の1に引き下げる運用も可能。言い換えれば、自分の社会的信用力を生かして豊かな人生をデザインしていくところに醍醐味があるのです。

自己資金を要する株やFXと同時に行うことができることもメリットといえます。『人生100年時代に備えて、給与所得以外の収入源をつくっておきたい』『子どもが大学生になったら海外留学させたいので、可処分所得を効率的に増やしたい』といった明確な目標を立ててもらえれば、当社はそのニーズに合った、そのお客様だけの特別なプランを用意することをお約束します」


ベルテックス税理士の島崎悟(左)と同社代表取締役の梶尾祐司(右)。

個々の価値観が多様化しているいまの世の中で、一人ひとりのユーザーに最適なサービスを提供するのはそう簡単ではないはずだ。税理士の資格を有し、顧客をサポートする島崎悟が補足する。

「不動産会社の仕事は、単に収益性の高い物件を探してくればいいというわけではありません。金融機関のローンの組み方をどうするか、付帯する生命保険のオプションには何がベストか、節税対策をどう講じるか、お客様の目的に応じて、最適解を導き出さなければならないのです。それを可能とするビジネススキームをつくったからこそ、私たちを選んでくださるお客様がいま、増えているのだと考えています」

-プレゼントキャンペーン実施中-
【資料請求いただいた方の中から先着100名様アマゾンギフト券3000円が当たる】

未来から逆算していまを考える


ベルテックスの特徴のひとつは、新築・中古マンション、区分、アパート、一棟の自社ブランドシリーズなど、物件の種類を豊富に用意していることにある。それを個別に販売するわけではない。税理士の島崎や社内のCFP(認定ファイナンシャルプランナー)がさまざまなことを徹底的に精査し、物件をパッケージ化させることによって、付加価値を生み出す。それがユーザー一人ひとりの要望に合わせたプランを提供できる理由だ。そのユーザビリティは、投資リテラシーの高い外資系企業のビジネスパーソンの間でもともと定評があった。

また、不動産投資の初心者には、少額で始められる小口化商品「VERFUND(ベルファンド)」を用意。多様なニーズに応えている。実は、ベルテックスは今期の第3四半期(2020年6月~8月)の売り上げにおいて、過去最高を記録している。コロナ禍で日本中が騒然としていた時期にもかかわらずである。

このコロナ禍で多くの人が資産運用の手段として市況が安定していた不動産投資を真剣に考え始めていたのだろう。不動産会社各社がオンラインで情報発信するなか、その多くがベルテックスを選んだ。


2020年度グッドデザイン賞を受賞したベルテックスの自社物件シリーズ「ベルシード西綾瀬」

オンラインで税理士やCFPの無料サポートを受けられるセミナーや個別相談など、デジタルでのサービスを充実させたこともその大きな要因ではないかと梶尾は分析している。問い合わせ数は月間2,500件を超え、コロナ禍でこちらも過去最高の反響だという。10月1日からスタートさせた電子契約は、同社のロイヤリティをさらに高めるだろう。物件購入後のユーザーへのアフターフォローも万全だ。

「お客様が購入した物件がどのような状態にあるのか、つねに可視化できることが大切だと思っています。そのためにシミュレーションツールを用意しました。お客様は、いまは健康だとしても、将来、病気にかかる可能性もあれば、勤めている会社の経営状況の悪化で収入が減少することもあるかもしれません。人生は何が起こるかわからない。ピンチのときこそ保有している不動産が、お客様の助けになってほしいのです。そういう状況も想定し、最善の運用方法を提案したいと思っています」

このシミュレーションツールは、不動産以外にライフプランニングの機能を併せもつ。双方が連動することで、ユーザーの未来の課題を解決する役割を担う。このツールが、不動産投資のさらなるリスクの軽減に役立つと、島崎は確信している。

「資産運用では、未来から逆算して考えることが重要になります。ライフプランニングツールは、給与所得だけを考慮して、お客様にシミュレーションを立ててもらいます。例えば、40歳のときに子どもが2人いると教育費に最低どれだけ必要か、あるいは60歳でセミリタイアした場合、第二の人生の展望が開けるのか。給与所得のみで乗り切れれば素晴らしいですよね。しかし、お金が不足するという情報が導き出されることもあるかもしれません。そのときに不動産用のシミュレーションツールが効力を発揮します。不動産を所有していることで、何ができるのか。例えば、所有している物件の1つを手放すことがベストな手段になるということは十分にあり得るのです。状況に応じて、しなやかに適応していくことが投資において最も重要なのです」

オーナーになれば、どんなときにもベルテックスは身近な場所にいる。なんとも心強いパートナーではないだろうか。まずは、無料診断ツールを試してみるところから始めてみてはいかがだろうか。



ベルテックス
https://vertex-c.co.jp

【特典付き】資料請求キャンペーン実施中
下記フォームよりぜひお申し込みください

powered by Typeform


梶尾 祐司◎1986年、神奈川県生まれ。中堅ディベロッパーの営業職を経て、2010年にベルテックスを設立し、代表取締役に就任。設立よりわずか9年で年商229億円までに急成長させる。その顧客目線の経営手腕は業界でも注目されている。


CFP・税理士監修!人生100年時代、
アフターコロナを勝ち抜く不動産投資セミナーが開催

年間申込者数3,300人!(※1)、不動産投資会社セミナー満足度第1位獲得!(※2)
https://vertex-c.co.jp/seminars/common/fpday.html
(こちらのセミナーはオンラインセミナーになります。)

※1 2019年度1月~12月で計測。 ※2〇調査方法:サイトのイメージ調査(インターネット調査)〇実施期間:2020年9月23日~28日 〇調査提供先:日本トレンドリサーチ


Promoted by ベルテックス / text by Hiroshi Shinohara / photographs by Shuji Goto / edit by Akio Takashiro

あなたにおすすめ