Close RECOMMEND

左から、リアーナ、トリー・バーチ、クリス・ジェンナー(Photo by Getty Images)

フォーブスは10月13日、「米国で最もリッチな叩き上げの女性富豪ランキング(America’s Richest Self-Made Women)」の2020年版を発表した。このランキングは、遺産相続などではなく、自身の努力で成功をつかみ富を築いた女性たちを選出するものだ。

女性の起業家や経営者は、米国のビジネス社会で以前にも増して重要な役割を果たしており、雇用の創出や業界の変革においてリーダーシップを発揮している。「彼女たちの影響力の高まりを認識し、フォーブスは今年、より多くの女性にスポットライトを当てた。米国のビジネス社会に革新をもたらし、その拡大に貢献した女性たちを選びだした」と、フォーブスの富裕層担当副編集長のケリー・ドーランは述べている。

年に1度発表される本ランキングは、今年で6回目を迎えており、創意とイノベーションによって比類なき成功を収めた人々を取り上げている。今年選ばれたメンバーは、航空宇宙分野やバイオテクノロジー、スポーツ、エンターテイメント、ビデオ会議など、あらゆる分野で既成の概念を打ち破って富を築き、新たな高みを目指している。

2020年の1位には、3年連続で建築資材卸売企業の「ABCサプライ」会長のダイアン・ヘンドリックスが選ばれた。

今年は新たに23人が、本ランキングに加わっている。その中にはスペースX社長のグウィン・ショットウェルや、テニス界のスターのマリア・シャラポワ、ビデオ会議ソフト企業ZoomのCFOのケリー・シュタッケルベルグ、カイリー・ジェンナーの母で敏腕マネージャーとして知られるクリス・ジェンナー、グーグルCFOのルース・ポラット、シンガーで女優のレディ・ガガなどが含まれている。

さらに本年度のランキングで最も注目の存在とされる、ファッションブランド「トリーバーチ」創設者のトリー・バーチは、米国版フォーブス11月号の表紙に登場している。インタビューで彼女は、新型コロナウイルスのパンデミックがファッション業界に与えた打撃や、自身のブランドの戦略について語っている。

今年の注目の新人としては他に、歌手でコスメブランドを運営し保有資産が6億ドル(約630億円)のリアーナや、出会い系アプリ「バンブル」のCEOを務める保有資産5億7500万ドルのホイットニー・ウォルフ・ヘルド、スノーボードブランド「バートン」会長で保有資産5億3000万ドルのドナ・カーペンターなどがあげられる。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ