Data journalist covering technological, societal and media topics

Jackyenjoyphotography / by Getty Images

米国がインフルエンザの季節に突入しつつあるのに伴い、ソーシャルメディア上では、インフルエンザのほうが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)よりも致死率が高いか否かをめぐる不毛で醜い論争が、すでにその頭をもたげている。

10月6日にはドナルド・トランプ大統領が、毎年インフルエンザで多くの人が死亡し、「時には10万人を超える」とツイートした。その主張はすぐに虚偽であることが暴かれ、ツイッターは、大統領のツイートを隠し、「誤解と被害を招きかねず、新型コロナウイルス関連情報の拡散に関する同社のルールに違反している」と明示するタグをつけた。

米国では10月7日までに、新型コロナウイルス感染症のパンデミックによっておよそ21万1000人の命が失われた。この数は、冬季にも着実に増えつづけると予想されている。では、大統領の発言はどれくらい誤っているのだろうか? 米国では実際のところ、インフルエンザで毎年どれくらいの人が死亡しているのだろうか?

季節性のインフルエンザウイルスは1年を通じて米国で検出されているが、秋と冬の時期に最も猛威を振るい、12月から2月にかけてピークに達する。

米疾病予防管理センター(CDC)によれば、2019年から2020年のシーズンには2回にわたる流行の波が見られ、重症化のレベルは中程度だったという。3800万人が罹患し、1800万人が医療施設で診察を受け、40万人が入院し、2万2000人が死亡した。とはいうものの、すべての人がインフルエンザと診断されるわけではなく、症例数/死亡者数は常に公式の合計から欠落するため、症例数は増える傾向がある。

CDCによる数字は、トランプ大統領がツイッター上で述べた人数と比べて大幅に少ない。過去10年で見ると、最も死者の多かったインフルエンザ・シーズンでさえ、死者数は大統領の主張と比べて大幅に少ない。CDCの推計によれば、過去10年で死者が最も多かったのは、2017年から2018年にかけてのシーズンの6万1000人だという。

シーズンごとに見た、米国のインフルエンザによる推定死者数(シーズン/推定死者数)*

・2019-2020/22000
・2018-2019/34000
・2017-2018/61000
・2016-2017/38000
・2015-2016/23000
・2014-2015/51000
・2013-2014/38000
・2012-2013/43000

*2017-2018、2018-2019、2019-2020シーズンは予備的なデータによる

翻訳=梅田智世/ガリレオ

PICK UP

あなたにおすすめ