世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

株式会社TimeLeap 代表取締役 仁禮彩香

「Forbes JAPAN 30 UNDER 30」は、ビジネス、スポーツ、アート、社会活動に至る領域で挑戦を続ける、次世代を担う30歳未満の30人を毎年表彰している。

今回、「挑戦者」を讃える30 UNDER 30 JAPANと、「挑戦者の休息を支え、力を与えるデバイス」であるstonが、社会にイノベーションをもたらすパワーを若い世代に与える目的で、30 UNDER 30 JAPANの特別賞「ston賞」を創設した。

BREATHER社の「ston」は、「一息で、ひと休みをあなたの力に」する、次世代型ブリージングデバイスであり、頑張る人が試練に立ち向かい、ベストパフォーマンスを常に出せるよう、「ひと休み」をアップデートし、イノベーションの新たな息吹をサポートすることを使命としている。

今回受賞者の一人は、株式会社TimeLeap代表取締役であり、小中高生のためのオンライン起業家教育プログラム"TimeLeap Academy”を運営する仁禮彩香(にれい あやか)。

理想の教育環境を実現すべく、彼女が動き出したのは小学校1年生から。中2で起業し、高1で母校を買収したことでも話題となった仁禮にとってかけがえのない休息とは。そうした休息がどのようなポジティブな影響を与えるのかを聞いた。


日本の教育システムに違和感を感じた仁禮が小1の時に下した決断とは


現在、教育事業を手がける「TimeLeap」で代表取締役と、アプリ開発の「ERRORs」で取締役として活躍する仁禮。彼女が今の道に進むきっかけは、幼稚園から小学校に進学した時の違和感だった。

「幼稚園の時は、"それぞれ違いを持った人間同士が共に幸せに生きるにはどうしたらいいか"を問われ、自分の頭で考える教育を受けていました。ところが、地元の公立小学校に進学すると逆に、なるべく教科書と同じ答えを書くことが正しい、まだ習っていない漢字は書くと不正解といった、突出してはいけないし劣ってもいけない、自分の頭で考える機会が与えてもらえないシステムを経験しました。学校とは学ぶ場所、自分が成長するために行く場所と思っていたのに、伸ばしたいことが押さえつけられるような感覚がありましたね」

自主性を重んじていた幼稚園時代に比べ、決められた答えがあり、横並びを良しとする小学校時代。自分とは合わないと感じた教育システムに我慢するか、それとも抗うか──。

彼女がとった手段は意外なものだった。幼稚園の園長に直談判し、新たに小学校を新設してもらうよう要望したのだ。

「私の願いを受けて園長が1年で小学校を作ってくださり、そこに転校しました。この経験が、どこかに助けてくれる人はいるし、自ら行動することで自分の世界は変えられると教えてくれました。また、新しい学校で理想的な学びを受けさせてもらう中で、教育に対する関心、問題意識が強まっていきました。小1の時に覚えた違和感と向き合い、日本の教育システムをより良くしていきたいと思うようになりました。」



学びの場の多様化を目指す一つが"TimeLeap Academy”


仁禮が主宰する"TimeLeap Academy”とは、小中高生のためのオンライン起業家教育プログラムで、「自らの人生を切り拓く力」を育むため、社会の中で自らの才能に挑戦する機会を子供たちに提供している。

仁禮は教育に対して2つの課題感を持っているという。1つは全般的に自己認識を育む機会が不足していることだ。

「ずっとテストの正解を当てることを教わってきて、自分の得意や不得意を実践を通して体感できる機会も、あなたはどんな人なの? 何が好きなの? と学校で問いかけてもらう時間もない。それなのに就職活動の時にいきなり『弊社にあなたはどんな価値をもたらしてくれますか?』『あなたは何者ですか?』と聞かれても、答えられないですよね。自分について知るためのプロセス設計が必要だと思います。」

そしてもう1つは教育の多様化が進んでいないこと。仁禮によると、TimeLeap Academyも多様化を促す一つのモデルケースだという。

「全ての子供たちがサッカークラブのユースチームに入る必要がないのと同じように、TimeLeap Academy自体は子供たち全員に受けて欲しいとは思っていません。子供たちにはそれぞれに才能のベクトルがあります。運動神経が優れている人、リーダーシップ能力が高い人、ロジカルシンキングが得意な人、など、個々人それぞれの才能が発揮できる様々な教育の選択肢が必要だと思っていますが、まだ今は0→1で新しい価値を生み出したり、経済システムの中で自分の能力を活用できるような教育機関はあまり存在していません」。

現在は習い事市場で価値を提供しているが、2023年までには子供たちが自己認識、自己表現ができる新しい概念の学校をつくることを計画している。学年の定義、学び方のプロセス、時間の使い方など、学校はこうあるべきとされていた様々な定説を本質的に問い直し、ウィズコロナの街づくり、暮らしのデザインと共に、オンラインとオフラインのバランスの取れた教育機会を提案したいという。

そんな子供の頃から教育に対する情熱を傾けて走り続けてきた彼女も、立ち止まり、休息することの大切さを最近特に感じているという。

「もともと休息を取るのが苦手なんです。それこそ集中すると、ご飯を食べるのも忘れてしまいます。それでも、オンオフのバランスが取れるよう努力をしているのは、休息の時間でしか習得できない感覚、”振り返り”があるからです。1回アウトプット、インプットしたものを心を落ち着けて振り返る。そして気づきを得たり振り落とす作業をしていかないと、積み上げるだけ積み上げて消化不良みたいになってしまう。」

リラックスが必要だと感じた時は、絵を描いたり音楽を聴いたりするという。

「音楽は毎日のように聴いていて、心に寄り添ってくれる大切な友達です。あとは絵を描きたくなるタイミングがあります。、忙しい時ほど描きたくなる傾向があるのですが、たとえ寝る時間が削れても創作時間を持つことでよりリラックスに繋がります。TimeLeapの仕事では表現しきれていない部分を絵で補填していますね」


作品タイトル「take it like you want it」


作品タイトル「海」

そして、毎日のルーティンで欠かせないのが長風呂だ。

「時間さえあれば1時間半とか長く入ります。一旦頭を真っ白にして、リセットできる感じがして。。その際電子機器や本などは持たず、濡れても書ける防水ノートとペンだけ置いています。頭を真っ白にした後に、いいアイディアが浮かぶことも多いので。私はお風呂が一番ひらめきやすいですね。」

子供が見ているからこそ、大人も休息と余裕を


長期間の休みが取れたら、キャンプに行って星を見てボーッとするか、または海外のディズニーに行って世界観にどっぷり浸かりたいと話す仁禮。最後に、休息や気分転換、リセットなど、子供のために取り入れるべきものを尋ねると、彼女はこう答えた。

「休息や気分転換は、子供よりもむしろまず大人側に必要だと思います。大人に余裕がないと子供たちにいい環境を作れません。父親も母親も、愛が溢れるがゆえに子供に完璧な姿を見せなくてはと考え、余裕がなくなってしまうことがあります。それよりも、パパはこういうことが苦手なんだよ、とか、ママは今疲れちゃったから助けてくれる? と子供に正直に言えば子供達は応えてくれるし、また自分も完璧じゃなくていいんだとわかります。子供たちはとても観察力が優れているので、大人が余裕を持つことができれば子供も余裕が持てる。まずは大人側の休息とか、大人の不完全性を認め合える風土みたいなものが全般的に広がればいいと思いますね」


仁禮彩香(にれい・あやか)◎1997年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部在学。 中学2年生の時に起業し学校コンサル、研修開発、CSR支援などを展開。高校1年生の時に自身の母校である湘南インターナショナルスクールを買収し経営を開始。 2016年に現TimeLeapを設立。オンライン起業家教育プログラムTimeLeap Academyなどを手がける。



一息で、ひと休みをあなたの力に

今回特別賞を創設したのは、頑張る人の一休みをアップデートする、BREATHER社の次世代型ブリージングデバイス「ston」。独自テクノロジーによりリキッドを熱することで蒸気が発生し、吸い込むことで香りを楽しむことができる日本発のイノベーションだ。

昨年末の登場より、アマゾン健康家電売れ筋ランキング1位を獲得(※)。現在は、起業家やビジネスマンはもちろん、パリコレのバックステージやカーレースのピット、eスポーツプレイヤーまで様々なプロフェッショナルの現場でstonは愛用されている。

stonの注目すべき点は2つ。
まず1つ目は、2種類のカートリッジを気分に合わせて交換して楽しめること。もうひと踏ん張りしたい時には爽やかなミントフレーバーでカフェイン配合の「POWER」、気分を落ち着かせたい時には心安らぐココナッツフレーバーでGABA配合の「CALM」がおすすめ。
2つ目には、吸い方により、蒸気が見える使い方、見えにくい使い方で楽しめるため、外では見えにくい蒸気で、家では見える蒸気を燻らせながらゆっくりくつろぎの時間を楽しむといった、TPOにより使い分けることが可能だ。

リフレッシュしたい時、ほっと一息つきたい時、また、もう一踏ん張りしたい時など、香りを楽しむタイミングは様々。プロフェッショナル新たな相棒となる「ston」で新しいオンオフの作り方を。それが最高のパフォーマンスを生み出すきっかけとなってくれるはずだ。

BREATHER Official Storeとアマゾンにて販売中。BREATHER Official Storeでは限定価格で購入可能。
(※)2020/2/4調べ

BREATHER Official Store
https://official-store.breather.co.jp/


特集|30 UNDER 30 JAPAN ston特別賞

#1 本記事|「子供の心の余裕を生むには、むしろ大人が休息と余裕を」仁禮彩香の目指す新しい教育、そして一息つく大切さ
#2 公開中|「すべきことは分かっている。あとは自分との戦い」プロスケートボーダー堀米雄斗21歳の挑戦
#3 coming soon...




Promoted by BREATHER|写真=小田駿一|文=石澤理香子

あなたにおすすめ