Close RECOMMEND

行動者発のプレスリリースが流通するプラットフォーム

コンセプト作りから運営・組織開発など 卓球に関わる全てをトータルプロデュースする

スヴェンソンスポーツマーケティングは、2020年10月9日(金)より、「卓球」を通して生まれる「体験」と「コミュニケーション」を掛け合わせ、新しい事業価値を一緒に創り出していく企業向けプロデュース事業『T4 PRODUCE』を開始する。

老若男女問わず誰でも楽しむことができる「卓球」は、スポーツだけでなくアクティビティとしても人気だ。

スヴェンソンスポーツマーケティングは、日本初の複合型卓球施設「T4 TOKYO」の運営をはじめとして、卓球の普及への貢献を目指して事業を展開してきた。数多くの事業を行う中で、卓球を通して生まれる「体験」と「コミュニケーション」を新しい事業価値として提供していきたいと考え、今回プロデュース事業を立ち上げた。

『T4 PRODUCE』は、卓球を取り入れた新しい空間のプロデュースや、卓球施設の立ち上げ・運営、組織開発など様々なサポートを行うことが可能だ。商業施設・宿泊施設や、企業のオフィス・ラウンジなどの「新しい価値」を「卓球」を通して一緒に生み出していく。

卓球の専門性に加えて、様々な分野のプロフェッショナルパートナーと共創し、多角的な視点やアイディアで、あらゆる業態・組織・事業の課題解決を実現する。

パートナー企業:VICTAS・TACTIVE・小林工芸社・トランジットジェネラルオフィス・NASU



『T4 PRODUCE』とは
事業×卓球が生み出す価値のユニークさは、業態や組織の特徴ごとに大きく変わる。『T4 PRODUCE』は、施設・空間・組織に関わる課題に対し、卓球を活用したコンセプト作成/デザイン/設計施工/オペレーション作成/運営サポートまで、企業ニーズに合わせた提案を行う。

①卓球を取り入れた新しい空間プロデュース
商業施設や宿泊施設などの既存事業に対し「卓球」という新しい価値をプラスする空間作りをご提案

②卓球施設の立ち上げから運営サポート
高い専門性と実績から培ったノウハウで、新しく卓球施設を立ち上げたい事業者様を強力にサポート

③卓球による組織開発
新しいコミュニケーションツールとして、日々の業務の合間や福利厚生に「卓球」を取り入れた組織開発

『T4 PRODUCE』問い合わせ方法
「うちの事業でもできるのか」そんな素朴な疑問にお答えするため、各業態やビジネスモデル、組織形態に合わせて丁寧なヒアリングを行い、事業価値を生み出す手伝いを行っている。

1:問い合わせ
気軽にお問い合わせ可能で、内容に関するご質問から具体的な相談まで幅広く受け付ける。

2:打ち合わせ
様々な業種・事業ごとに最適なご提案を行うため、プロの専門チームメンバーがヒアリングを行う。

3:提案
最適な卓球の事業活用方法をご提案。事業課題を戦略から整理し、具体的な要件を創り出す。

スヴェンソンスポーツマーケティングについて
2017年4月に設立。『卓球をとおして 街をつなぐ 人をつなぐ』というコンセプトのもと、スポーツビジネスを展開。日本初の複合型卓球スペース「T4 TOKYO」や、卓球テーマパーク「PING PONG PARK」のプロデュース、卓球選手のマネジメント事業の運営などを展開。オフィス向け卓球台「T4 OFFICE」の開発も手掛け、卓球を通してコミュニケーションを生み出すことで新しいライフスタイルを提案している。

T4 TOKYOについて
2017年6月に日本初の「複合型卓球スペース」として東京・渋谷に誕生した「T4 TOKYO」。
卓球レストラン&バー「THE RALLY TABLE」、卓球ブランドショップ「VICTAS SHIBUYA」、卓球スクール「タクティブ」、卓球スペースが入った、新しいスポーツ基地として注目を集め、数々のメディアでも取り上げられ、年間来店者数約10万人の人気スポットだ。

PR TIMESより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ