Close RECOMMEND

I write about the future of mobility and evolution of transportation.


トヨタは、カリフォルニア州と日本など一部の市場でセダンタイプの燃料電池車「Mirai(ミライ)」を販売している。しかし、水素車開発の中心は、乗用車から大型トラック、特に長距離トラックに移っている。

燃料電池のパワートレインは、バッテリーシステムに比べて重量が軽く、輸送能力が優れている。また、数トンもあるリチウムイオン電池よりも格段に速く燃料を補給することができる。

日野はLAのスタートアップとも提携


カリフォルニア州やEU、日本などの主要市場が車やトラックによるCO2排出量の削減を目指していることも、バッテリーや燃料電池で走る車の開発を後押ししている。ゼロ・エミッション車は、2020年後半に広く普及すると予想されている。

燃料電池はオンデマンドで発電し、副産物は水だけだ。このため、数十年前からゼロ・エミッション車の有力候補として注目されてきたが、高いコストや耐久性の問題、水素ステーションの不足などが障害となり、EVの後塵を拝してきた。

イーロン・マスクも、水素はバッテリーに比べて非効率であるとして燃料電池を批判してきた。しかし、トヨタや現代自動車、エンジンメーカーの「カミンズ(Cummins)」、ダイムラーとそのパートナーであるボルボ・トラックなどは、水素で走る商用大型トラックの開発を進めている。

日野自動車は、トヨタとの共同プロジェクトとは別に、ロサンゼルス本拠のスタートアップ「Xos Trucks」と提携してEVトラックの開発に取り組んでいる。

「日野のトラックに、我々が独自開発したモジュール式バッテリーパックシステム“X-Pack”を搭載する。我々のトラックは、内燃エンジンに比べて低コストで、遠隔診断が可能であるなどメンテナンスもしやすく、長距離輸送に適している。フリート業者は、X-Packを搭載したトラックのパフォーマンスをリアルタイムで可視化することが可能だ」とXosの事業開発担当副社長、Jose Castanedaは述べている。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ