Close RECOMMEND

フォーブス共同編集者

Photo by Win McNamee/Getty Images

トランプ大統領と民主党候補のジョー・バイデンが非難の応酬を繰り広げた9月29日の大統領選討論会は、史上最悪のディベートとも呼ばれ、どちらが勝者だったかを見極めるのは困難だ。

しかし、この夜の勝者の一人と言えるのが、保守派の間で支持を伸ばす「パーラー(Parler)」と呼ばれるSNSアプリだ。このアプリは、極右のプラウドボーイズを含む多くの白人至上主義団体に愛されている。

「人々は今夜パーラーを利用していた」と、アプリの創始者であるジョン・マッツェは話す。彼は大手のSNSが保守派の言論を抑圧する一方で、パーラーが今後、ツイッターやフェイスブックを置き換える存在になると述べている。

「パーラーは公正で自由な選挙活動に貢献する」と彼は話す。

2018年に設立されたパーラーは、ここ数ヶ月で共和党員にとっての道しるべとなり、6月にトランプは、フェイスブックとツイッターから離れて、パーラーに専念するとも述べていた。トランプは実際にはそうしなかったが、彼の顧問弁護士のルディ・ジュリアーニや息子のエリックらは、パーラーに公式アカウントを開設した。

パーラーの週あたりのダウンロード数は今夏、50万件近くに達し、利用者数は200万人に近づいた。2018年にツイッターやフェイスブックから締め出されたプラウドボーイズは、パーラーを本拠地としている。

29日の討論会の間に、パーラーではトランプ支持者らが活発な発言を行った。保守派のニュースサイトNews.comの編集長は、討論会が「バイデンの失態」だったと述べた。ハウス・オブ・トランプという名のアカウントは「バイデンは無能だ」と書いた。

トランプは討論会の途中で、プラウドボーイズたちに「身を引いて待機しておけ」と呼びかけたが、彼らはこの発言を軍への召集のように解釈したようだ。

プラウド・ボーイズのリーダーであるジョー・ビッグスは、歓喜の声を抑えきれず、このように書き込んだ。「大統領は、彼らをやっちまえと言ってくれたんだ。最高の気分だ!」

ビッグスはパーラーで3万4000人のフォロワーを従えている。彼のプロフィールには「歌手、バイク乗り、自由の戦士」と書かれている。

プラウドボーイズの公式アカウント@TheProudBoysは5万人のフォロワーを抱えており、彼らの興奮ぶりを大文字で伝えた──“THANK YOU PRESIDENT TRUMP!”。その文字の下には「プラウドボーイズここに在り」と黄色い文字で書かれた黒いTシャツの写真が添えられていた。

「パーラーは中立的な街の広場だ。ユーザーの言論が合法で、彼らが利用規約に従っている限り、特定の団体や組織を差別したりしない」と、パーラー創始者のマッツェは述べた。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ